日本国内用WiFiレンタルどっとこむ

日本国内Wi-FiルーターならWiFiレンタルどっとこむ

東証一部上場 [証券コード:9416] 株式会社ビジョン
東証一部上場
お申し込み

羽田空港でレンタルできる国内wifiは?受取・返却方法

日本でもっとも旅客数の多い羽田空港は、旅行者だけではなく出張で利用するという方も少なくありません。

出張や帰省などで普段と違う場所に行く場合、インターネットを快適に使用するためにwifiを使いたいですよね。

しかし普段はあまり使わないからと、なかなか契約するのにハードルがある・・・そんな時には、レンタルwifiがおすすめです!

羽田空港では、当日申し込みもしくは事前予約で受取先に指定して、wifiをレンタルすることができます。

 

羽田空港の特徴

 

羽田空港は、日本でもっとも利用者数が多い空港で、国内外の多くの利用者が訪れます。

近年では、国際線の増加とともに、海外への玄関口としても活用されるケースが増加しており、日本の経済や社会を支えてきた空港といえるでしょう。

都心からの距離は15km程度と非常に近く、直通の地下鉄がありますので気軽に空港に行くことができます。

 

さらに、直通列車だけではなく、各地域から高速バスが運行するなど非常に利便性が高いです。

羽田空港には4本の滑走路と3つの旅客ターミナルがあり、

第1旅客ターミナル、第2旅客ターミナルでは国内線の運行を、国際線旅客ターミナルでは国際線の運行が行われています。

 

また、旅行客や出張客以外の需要も高いという特徴があります。

羽田空港内には、飲食店や各種ショップなどがたくさんあります。

中には他のお店では購入できないような、羽田空港限定のアイテムや食べ物もあります。

展望デッキやプラネタリウムなど、デートスポットとして活用する方も少なくありません。

 

このように羽田空港は移動手段としての空港利用者だけではなく、

首都圏の中にある人気スポットの一つとしても定着しているのです。

 

羽田空港でレンタル可能なおすすめレンタルwifi

 

最近では、スマホのテザリングでパソコンのネット環境を構築することもできますが、

普段使うパケットがなくなってしまうという不安があります。

出張や帰省の際には、なかなかインターネットを気軽に使えないと不便に感じることもあるでしょう。

また、普段海外に住んでいて一時帰国をした際などには、そもそもwifiがないとネット環境に接続するのが難しいです。

 

街中ではフリーwifiスポットなどもありますが、セキュリティリスクのためできるだけ接続したくないと感じる人もいることでしょう。

 

羽田空港には、レンタルwifiサービスがあります。

到着した当日に申し込みを行ってレンタルできるサービスもありますが、1日当たりの利用料が高いというデメリットがあります。

そのため、当日申し込みのサービスではなく、前日までに申し込みをしておくのがおすすめです。

ネットで申し込みができるレンタルwifiサービスの多くが、羽田空港での受取サービスを行っています。

当日現地で申し込みをするよりも、安価でレンタルできるだけではなく、

3大キャリアやワイモバイル、WiMAXなどの複数のキャリアから選択できるという魅力があります。

 

羽田空港でのレンタルwifiの受取方法

 

ネットで注文するレンタルwifiは、非常に簡単に利用することができます。

ネットショップ上で前日13時までに申し込みを行えば、翌日には羽田空港で受取可能となります。

羽田空港に送ってもらうためには、予約注文時に、配送先を羽田空港にするだけです。

空港に送るための手数料が必要ではありますが、実店舗への移動費用や時間を考えると得だといえるでしょう。

 

予約注文をしたwifiは、羽田空港到着時に京急羽田空港国際線ターミナル駅2階のグローバルwifiカウンター、

もしくは羽田空港国際線ターミナルビル3階で受け取ることができます。

グローバルwifiカウンターの営業時間は6時30分から23時45分までとなっており、比較的いつでも利用できるでしょう。

また、グローバルwifiカウンターの営業時間外であっても、国際線ターミナル駅3階のJAL ABCカウンターで受け取ることができます。

 

なお、レンタルwifiは国際線ターミナルでの受取にしか対応しておらず、国内線ターミナルへの配送は行われていないので注意が必要です。

また、それぞれのカウンターを合わせると24時間受け取れるようになっていますが、

早朝到着の場合は混雑が予想されるので余裕を持った行動をする必要があるでしょう。

 

 羽田空港で借りたレンタルwifiの返却方法

レンタルをした場合、返却をする必要があります。

返却に時間がかかってしまうと、出発時間よりも余裕をもって空港に行かなければならず、ゆっくりできなくなってしまう可能性があります。

また、空港以外の場所で借りた場合で、そのテンポに必ず返却へ行かなければならないサービスだった場合、移動費用や時間も余計に必要となるでしょう。

 

しかし、インターネットで申し込めるレンタルwifiは、非常に簡単に返却ができるというメリットがあります。

WiFiレンタルどっとこむのレンタルwifiの返却は、京急羽田空港国際線ターミナル駅2階のグローバルwifiカウンターで受け付けています。

空港で返却を受け付けているので、出発ぎりぎりまで利用できるというメリットがあります。

しかも、必ずしも対人で返却する必要は無く、グローバルwifiカウンターに設置されている返却ボックスへ投函するだけでOKです。

 

もし、グローバルwifiカウンターが営業時間外の場合は、同2階にあるJAL ABCカウンターで返却を受け付けてもらうことができます。

こちらにも返却ボックスが設置されており、投函するだけで返却できますので余計な時間が掛かりません。

ただし、他社の返却ボックスも併設されていますので、返却ボックスに記されているサービス名をよく確認してから投函するようにしましょう。

 

また、必ずしも受け取った時と同じ空港のカウンターで返却する必要はなく、

他の空港カウンターでの返却はもちろん、便利な郵便ポスト返却や宅配便返却も可能です。

自分のスケジュールに合わせて最適な方法で返却することができます。

 

なお、海外から日本へ一時帰国でレンタルwifiを使用する場合は、日本での返却を忘れないように注意しましょう。

海外へ持ち出してしまうと、日本へ返送するための宅配送料や関税などで高額な費用を負担しなければならない場合がありますので、

十分に注意したいですね。

 

まとめ

 

一時帰国時や、出張、そして帰省のためだけに、普段使うことのないwifiを契約するのは効率が良くありません。

レンタルwifiであれば、最短で1日からレンタルすることができるので、料金もお得にwifiを利用できるでしょう。

羽田空港の受取・返却は、国際線ターミナルのみとなりますが、インターネットで事前に申し込みをすることで格安にwifiを使うことができます。

 

到着ロビーから直接グローバルwifiカウンターでレンタルwifiを受け取って、すぐにwifiを使い始められます。

返却も同様に空港カウンターで可能ですので、返却当日に飛行機が出発するギリギリまでwifiを利用することができます。

ただし、保安検査場を通過してしまうと返却カウンターに戻ることができませんので注意しましょう。

 

レンタルwifiというと海外のイメージが多いですが、国内向けサービスも充実しています。

wifiが必要な場合は、事前に申し込みをして、格安の国内レンタルwifiを利用してみてはいかがでしょうか。