日本国内用WiFiレンタルどっとこむ

日本国内Wi-FiルーターならWiFiレンタルどっとこむ

東証一部上場 [証券コード:9416] 株式会社ビジョン
東証一部上場
お申し込み

wi-fi接続してもネットに繋がらないのはなぜ?基本の設定方法

 

いつものようにスマートフォンやパソコンからネットにwi-fi接続していたのに急に繋がらない状態になることはありませんか?

突然のトラブルに困惑して、どこから見直していいのか分からないという方も少なくありません。

 

このページでは、wi-fiの基本的な設定方法について整理して解説します。

基本設定を見直すだけで状況が改善する場合もあるので、一度設定を見直してみましょう。

インターネットに繋がらなくなったときにまずチェックしておきたい部分に絞って説明しますので、

原因を特定して解決したいとお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

 

■wi-fiを使う前に確認しておくこと

wi-fiを確認する前まず確認しておきたいことをまとめましたのでひとつひとつ確認していきましょう。

 

【モデムやwi-fiルーターは正常に動作しているか】

無線LANに必要な据え置き型wi-fiルーターやモデムは、基本的に24時間つけっぱなしにしていることが多く、

調子がおかしくなっていても気づかないことが多いものです。インターネットに繋がらないときは、

まずモデムとwi-fiルーターを確認して、「電源が入っているか」「エラーを示すランプが点灯していないか」を確認してください。

 

wi-fiルーター側でエラーが起こっている場合、通信端末側(スマートフォン、パソコン、タブレットなど)で、

そのwi-fiルーターのSSIDが表示されていない場合もあります。

wi-fiルーター側では何も表示が変わらないのに、通信端末側では急に繋がらなくなったりSSIDが消えたりしてしまう場合も。

 

wi-fiルーターが認識されていなかったり、エラーランプが点灯したりするときは、wi-fiルーターの再起動を試してみてください。

再起動することで、発生していたエラーが直る場合もあります。一覧に表示されることを確認してから、接続をもう一度お試しください。

 

【アクセスポイントがあるかどうか】

自分がアクセス可能なアクセスポイントがそもそもあるかどうかについても、確認しておく必要があります。

自分が使っていたアクセスポイントから物理的に離れてしまうと、電波が届かなくなって接続が切れる経験をしたことはないでしょうか。

 

自分が使えているつもりでも、距離が離れすぎてダメという場合があります。

スマホなど通信端末側でアクセスポイントwi-fiの一覧を見て、アクセスポイントが表示されるかどうか確認しましょう。

 

また、外出先でフリーのwi-fiを自動的に見つけて繋がる場合、「そのフリーwi-fiではインターネット接続できない」というケースもあります。

Webブラウザを開いてみると、そのフリーwi-fiの情報が表示される場合もありますので確認してみましょう。

 

【SSIDとパスワードを正しく入力し直す】

SSIDとパスワードを入力し直すのも一手です。ログインし直すだけで接続に成功する場合もあります。

また、wi-fiルーターの機種によっては、SSIDが2.4GHz用と5.0GHz用で2パターンあるので、両方の接続を確認してみましょう。

片方がダメだった場合、もう片方に繋ぎ直すとうまくいく場合があるので試してみてください。

 

■スマホ(iPhone/Android)のwi-fi設定方法

スマホのwi-fi設定方法ですが、iPhoneとAndroidはそれぞれ少し違いますので分けて解説します。

 

【iPhoneの場合】

iPhoneは、iOSで提供されているホーム画面の「設定」アプリを開いてください。

まず、「機内モード」が選択されていないことを確認して、「Wi-Fi」をタップしましょう。

すると、wi-fiをオンにするかどうかを選べますのでオンにします。

 

すると、「ネットワークを選択」一覧に、現在選択できるアクセスポイントの一覧が表示されますので、

今お使い頂いているwi-fiルーターのSSIDを選択しましょう。表示された画面上で「このネットワークを削除」とすることで、

いったんネットワーク設定がリセットされます。その後、SSIDとパスワードを入力し直しましょう。

 

【Androidの場合】

Androidの場合も、設定すべきことはiPhoneとほぼ同じです。

ただ、どのメニューに入っているかが微妙に違うため、確認していきましょう。

AndroidのOSバージョンによって、wi-fiの設定メニューには少々違いがあります。ここでは、以下のようなメニュー構成を前提として説明します。

 

・「設定」 – 「wi-fi」(OSや端末によっては設定 – 「ネットワークとインターネット」 – 「WiFi」)

 

「設定」を選び、次に表示されるメニューの中から「WiFi」を選択してください。

WiFiの設定画面が出てきますので、一番上の「ON」を有効にします。

wi-fiが有効になると、接続可能なアクセスポイントが表示されますので、モバイルwi-fiルーターのSSIDを選択しましょう。

すると、パスワードを聞かれますので入力してください。これで接続できるようになります。

 

すでに有効になっている場合は、そのネットワークを一度削除してから、もう一度ログインしてパスワードを入力してください。

 

■wi-fi接続をしたのにスマホがネットに繋がらない原因

 

wi-fi接続はできているように見えているのに、インターネットに繋がらないこともあります。

このケースは、wi-fiルーターとスマホとの間は問題ないのですが、wi-fiルーターから先の接続がうまくいっていない可能性が高いです。

 

この場合は、まずwi-fiルーターの再起動から始めてみましょう。モデムがあれば、モデムも再起動します。

スマホもwi-fiの設定をし直し、再起動もかけてみてください。

それでも繋がらない場合は、加入しているインターネット回線の業者に問い合わせましょう。

問い合わせてみると、「実はメンテナンス中でそもそも繋がらない状態だった」ということもあります。

 

また、モデムとwi-fiルーター、モデムと光回線などをつなぐ2つのケーブルも、新しいものと交換してください。

まれに、ケーブルに問題がある場合もありますので、長い間同じケーブルを使い続けている場合は念のため確認しましょう。

 

利用者側でできることは、設定の見直しと各通信機器の再起動、再設定です。

業者側にも問題がなく繋がらない状態が続く場合は、モデムやwi-fiルーターのメーカーに修理を相談する方向で考えましょう。

 

まとめ

 

wi-fi接続をしているのにインターネットに繋がらない場合の基本的な設定見直しと対策方法についてご紹介しました。

もう一度簡単に、対策方法についておさらいしましょう。

 

モデムやwi-fiルーターがエラー表示になっていないかを見直して、問題がないようでもまずは一度電源を切って各通信機器を再起動しましょう。

その後、スマートフォンやパソコンのwi-fi設定をやり直して、もう一度wi-fi接続を試みてください。

多くの場合は、この手順だけでも繋げられるようになります。

 

何度か繰り返して設定や再起動を試してもうまくいかない場合は、

インターネットの回線業者やwi-fiルーターのメーカーに問い合わせて対策について相談しましょう。

wi-fiルーターなどを修理に出している間は、国内レンタルwi-fiルーターを一時的に  利用してみてはいかがでしょうか。

 

無事にインターネットに接続できるよう、ぜひご紹介した方法を試してみてくださいね。