日本国内用WiFiレンタルどっとこむ

日本国内Wi-FiルーターならWiFiレンタルどっとこむ

東証一部上場 [証券コード:9416] 株式会社ビジョン
東証一部上場
お申し込み

データ通信量を節約する方法|見直しポイントをチェック

スマホの通信についてどの料金プランにするか迷ったことはありませんか。

スマホのデータ通信量は、どの料金プランを利用していくべきか見極める重要なポイントとなります。

少しデータ通信量を節約することで、料金プランを今のままで通信制限にならず利用することができるかもしれませんし、

下のプランに変更することができるようになるかもしれません。

この記事では、スマホのデータ通信量を節約する方法や料金プランの見直しポイントをお伝えしていきます。

 

■通信制限になることが増えたら見直しを

スマホの通信の料金プランは通信量によって異なります。通信量の上限が設定されており、その上限までは高速の通信ができるようになっています。

しかし、その上限を超えてしまうと通信制限がかかるようになってしまい、高速通信でデータをやりとりすることができなくなってしまうのです。

 

特に動画などの大きなデータがあるページなどを頻繁に閲覧しているような場合、通信制限がかかってしまうと動画の閲覧が困難になってしまうこともあります。

そうなると、月が変わるのを待ったり、追加料金を支払ったりしなければ上限は解除されません。このあたりは契約している会社によって取り扱いが異なります。

ビジネスチャンスの場など、いざ通信が必要になった場面において通信が困難でチャンスを逃してしまったら、目も当てられません。

 

そのため、通信制限が頻繁に起こるようになってしまったら、料金プランの見直しを視野にデータ通信量を節約してみることをおすすめします。

データ通信量の節約を実行してみても、通信制限が頻繁に起こるのは、もはやライフスタイルと料金プランがマッチしていないといえるからです。

まずはご自身のデータ通信量を把握してみましょう。

 

例えば、iPhoneの場合、リアルタイムでモバイルデータ通信について閲覧することができます。

「設定」から「モバイルデータ通信」のページにいくと、現在までのモバイルデータ通信量を見ることが可能です。

ここに個々のアプリについても、今まで利用したデータ通信量が記録されていますので、確認してみましょう。

料金プランについては、現在のプランでいつまで利用できているのか、月初めから通信制限まで確認しましょう。

月半ばまでの場合は、料金プランの変更も倍量のものを選択することになってしまい、かなり高額な変更になるので注意が必要です。

 

■データ通信量を賢く節約する方法

料金プランを変更する前に、データ通信量を節約してみることをおすすめします。

まずは、Wi-Fi環境が利用できる状況にあるのならば、データ通信量が多くかかるものについてはWi-Fi環境を利用して行いましょう。

学校や会社などでWi-Fiを個人のスマホで利用できる場合も多くなっています。そのため、休憩時間などを利用して通信を行うのです。

自宅に無線LAN環境を構築している場合は、自宅のWi-Fiを極力利用するように心掛けましょう。

 

アプリのアップデートを手動で行うようにするのもひとつの手段です。iPhoneの場合、近年バックグラウンドで更新できるような機能になっています。

アプリはアップデートしないと使用できなくなってしまうこともあります。

アップデートを自動でする機能は便利ですが、通常アップデートは多くの通信量を必要とします。

そのため、通信量の上限に達してしまう危険も高まってしまうのです。

 

設定でバックグラウンドでの更新機能についてモバイルデータ通信を利用しないか、

Wi-Fi接続のみで行うようにすることができます。

「設定」から「一般」、「Appのバックグラウンドでの更新」という場所です。

 

次に、動画アプリについては、再生設定を見直しましょう。

動画アプリは画質を落として再生することが可能です。移動中などの場合、目を放す機会も多く、

しかもスマホの小さい画面ですので、高画質でなくてもそれほどストレスを感じないでしょう。

人それぞれですが、「低画質に落として閲覧しても大丈夫」というところまで設定してしまうのも通信量節約になります。

また、ダウンロードが必要な場合Wi-Fi環境であらかじめしておくようにすると通信量の節約になります。

 

■便利なレンタルwifi利用がおすすめ!

料金プランを変更する場合、かなり高額な料金がかかる場合があります。この場合、レンタルWi-Fi を利用するのもひとつの手段です。

多少の荷物にはなりますが、モバイルバッテリーくらいの大きさや重さのものも多いためそれほど負担になりません。

実際に、高額な料金を支払うよりも、レンタルWi-Fiを利用する方が快適な通信になる場合が多いからです。

 

例えば、同じ3,4,000円上乗せする場合でも、レンタルWi-Fiの場合、使い放題で通信制限がない場合もあります。

また、レンタルWi-Fiは必要な日数で利用することも可能ですので、通信制限を受けて足りなくなった日数だけレンタルすることもできるからです。

レンタルWi-Fiは契約してその機器をすぐに利用することができます。

Wi-Fiを利用するのと同じように、SSIDとパスワードを入力するだけで余計な設定は不要です。

 

レンタルWi-Fiは、サービス提供エリアならばどこでも利用できます。

「旅行に行く予定がある」「友人の家に泊まりに行く」「実家に帰省する」といった予定がある場合、携帯して利用できるのも大きなメリットです。

利用料金プランを変更するかどうか悩んでいる場合、まずはレンタルWi-Fiを利用してみるのも、ひとつの方法ではないでしょうか。

 

■まとめ

スマホのデータ通信プランは、今までの携帯電話の時と異なり、使った分が際限なく料金として上乗せされることがない代わりに、

契約で定められている一定の通信量に達してしまうと、通信制限がかかってしまいます。

通信制限になってしまうと、まったく利用できなくなるわけではありませんが、かなり不自由になってしまい、

動画視聴や画像閲覧を趣味としているような人にとっては、「使い物にならない」と思うくらいに深刻な問題です。

 

そのため、データ通信プランを変更することを検討するだけでなく、データ通信量の節約はできないか一度検討してみることをおすすめします。

設定を変えるだけでもデータ通信量を節約することが可能です。

ちょっとした注意でデータ通信量が節約でき、データ通信プランを見直さなくても済むかもしれません。

 

それでもだめな場合は、データ通信プランの見直しか、上乗せする料金をレンタルWi-Fi利用に充てることもおすすめです。

レンタルWi-Fiはどこでも持ち運んで利用することができる手軽さがありますので、こちらも検討してみてはいかがでしょうか。