日本国内用WiFiレンタルどっとこむ

日本国内Wi-FiルーターならWiFiレンタルどっとこむ

東証一部上場 [証券コード:9416] 株式会社ビジョン
東証一部上場
お申し込み

フリーwifi利用時のセキュリティ対策!VPNスマホアプリの使い方

フリーwifiは、日本国内はもちろんのこと、海外へ行った際にも、外出先でパケットを気にしないで通信することができるので非常に便利でありがたいと感じる存在です。

しかし、無料であるがゆえに、時としてセキュリティ上問題があるケースもあります。

使わないという方法もありますが、どうしても使う場合はセキュリティ対策としてVPNスマホアプリを活用すると安全性が向上します。

ここでは、フリーwifiを使用する際に使いたいVPNアプリについて詳しくご紹介いたします。

 

■VPNとはどんなもの?

VPNという言葉は、ネットワークに詳しい方であれば当たり前のように知っていることでしょう。

しかし、一般的には、名前は知っているけれどもどのようなものかまったくわからないという方がほとんどではないでしょうか。

VPNとは「Virtual Private Network」の略称であり、プライバシーを守るためのプライベートな接続環境を仮想的に生み出すもののことをいいます。

ネットワーク接続をする際に、スマホやパソコンなどの端末からネットワークサーバーまでの通信を、

暗号化対策をすることで第三者からの接続をブロックすることが可能となるのです。

 

また、VPNはセキュリティ対策の向上だけではなく、一部海外のファイアーウォール対策、

海外からの日本国内向けサイトへのアクセス、不要な広告ブロックなど、役立つ機能が使えます。

ただし、海外で使用する場合にはVPNは法律で禁止されていることもありますので法令違反にならないように注意しましょう。

日本国内ではVPNの使用は法律で禁じられていないため、セキュリティ対策の一環としてフリーwifiを接続する際に使用することが推奨されているのです。

スマホ向けのVPNアプリには、無料で提供されているものと有料で提供されているものがあり、それぞれに特徴があります。

 

■無料VPNアプリと有料VPNアプリの違い

あまりコストをかけたくないことから、無料のVPNアプリや非常に価格の安いVPNアプリをインストールしてしまう方もいます。

しかし、VPNサービスを本格的に運営するためにはサーバー費用やメンテナンス費用、そして開発費用など多額のコストがかかります。

VPNサーバーを運営している会社は、ユーザーの通信内容を盗み見たり、記録したりすることが技術上可能です。

そのため、悪用されてしまうと、アカウント情報やパスワードなどを盗まれる恐れがあります。

すべての無料VPNアプリがそのようなことをしているというわけではありませんが、実際にそのような事例もあるためリスクはゼロとはいえません。

 

一方で、有料のVPNアプリの運営業者は、利用者のプライバシー保護を第一に運営しています。

暗号化も非常に強力であり、さまざまなプロトコルが使用できるようになっています。

使い方もわかりやすいものが非常に多く、通信量や通信速度に制限がないアプリも多い傾向です。

中国などの特定の地域に特化しているサービスなども、有料のものでは展開されています。

このようにある程度のコストを考慮しても、有料のアプリを使ったほうが安全な通信環境を構築することができるのです。

 

■VPNアプリの使い方

VPNアプリを使うというと、非常に難しそうなイメージがありますが、実はとっても簡単です。

まずは、VPNアプリをダウンロードしてインストールしましょう。

有料のものを含めて、非常に多くのアプリが展開されているので、自分の希望する機能を搭載したVPNアプリを選ぶようにします。

スマホでVPNを適用する際には、設定をすることが必要です。

多くのアプリでは、インストール後の初回起動時にVPN接続を許可するかどうかの質問が出てくるので使用できるように設定しておきましょう。

VPNの許可設定をしてアプリを起動後にVPNをアプリ上でオンにするだけでVPN接続が完了します。

 

VPN接続中は、iPhoneであればネットワーク表示エリアにVPNと表示されます。

そして、アンドロイドの場合は、同じようにネットワーク表示エリアに鍵マークが追加されます。

VPNアプリの中には、セキュリティ状態を表示する機能などもあるので、意外に見ているだけでも楽しめるかもしれません。

ただ、アプリによってはデータ通信料に制限があるものあります。

その場合はインターネットの接続の必要がなくなったら、アプリをオフにするのを忘れないようにしましょう。

 

■セキュリティ重視ならレンタルwifiという選択も

ここまで、フリーwifiのリスクを抑えて安全に使用するためのVPNアプリの活用についてご紹介してきました。

しかし、VPNアプリであっても無料のアプリは一定のリスクが存在するため、安全性を高めるためには有料のVPNアプリの使用が必要になります。

しかし、実際に屋外のフリーwifiにどうしても接続する必要性が生じるケースというのはあまり多くありません。

それだけに有料のアプリを使うのはもったいないと思う方も多いはずです。

そのような場合は、レンタルwifiを使用してみてはいかがでしょうか?

 

レンタルwifiは必要なときに1日単位で利用することができるため、かなりコストを抑えることができます。

事前に外での接続が必要とわかっている場合には、特におすすめといえるでしょう。

レンタルwifiの最大の魅力は、フリーwifiのようにセキュリティ面での不安がなく、しっかりとしたキャリアの回線を利用できるということです。

高い暗号化技術の回線が使えるので、フリーwifiのようなリスクを心配する必要はありません。

VPN接続と同様に高い安心を得ることができるため、あえて有料のアプリを購入せずともレンタルで安全性を確保することができるでしょう。

大前提として、海外渡航先でも日本国内でも、フリーwifiがあったとしても接続はしないことが賢明です。

 

まとめ

フリーwifiスポットは、屋外や店舗などさまざまな場所に点在しており、いざというときに非常に役立ってくれる便利な場所です。

しかし、気軽に接続できる一方でリスクも存在するため、しっかりとセキュリティ対策をして利用しなければなりません。

効果的な方法としては、有料のVPNアプリがおすすめであり、フリーwifiであってもしっかりと暗号化してくれます。

しかし、そのためだけに有料のVPNアプリをインストールするのであれば、レンタルwifiを必要なときに利用するのもおすすめです。

1日単位でレンタルできるので、格安で安全な通信環境を確保することができるでしょう。

まずは、一度レンタルwifiの手軽さを体感してみてはいかがでしょうか。