Wi-FiはNTT東日本のレンタルがお得?スタイル別おすすめの選び方

2019年10月02日

Wi-FiはNTT東日本のレンタルがお得?スタイル別おすすめの選び方

Wi-Fiを利用したいと考えている人のなかには、知名度の高いNTT東日本のフレッツ光のサービスを検討する人も多いでしょう。しかし、実際にWi-Fiを使うにあたって、どのようなメリットやデメリットがあるのか、よく知らないケースが少なくありません。そこで、今回はフレッツ光のWi-Fiレンタルとはどのようなものか紹介し、スタイル別のおすすめの選び方もあわせて解説していきます。

1.自宅でフレッツ光のWi-Fiを利用したい場合

フレッツ光とは、NTT東日本およびNTT西日本が提供している光回線のことで、利用するためにはプロバイダ契約が必要となります。フレッツ光をすでに導入している場合は、無線LAN機器を取り付けるだけで簡単にWi-Fiの環境を構築することが可能です。自宅でWi-Fiを使えるとスマートフォンなどの通信容量を低く抑えることができるので、通信費を節約できるでしょう。では、フレッツ光を自宅でWi-Fiとして使う際には、どのようなポイントを押さえておけば良いのでしょうか。

1-1.設定方法がわかりやすく初心者でも簡単

フレッツ光は、基本的に設定方法がわかりやすく、初心者でも簡単に使用できるのが特徴です。無線LANのルーターをレンタルする場合でも、設定方法は同封されている手順に従って行うだけなので、簡単かつすぐにWi-Fiの利用ができます。手順は、それほど複雑ではないことも経験が少ない人にとっては魅力的に映ります。また、何かわからないことがあったときでもサポートが受けられるので、安心して利用できるでしょう。有線LANの場合だと、ケーブルが届く範囲でしかインターネットを使うことができませんが、無線LANにすれば室内のどこにいても高速通信ができるので大変便利です。

戸建てなどで広い範囲をカバーしたい場合は、中継器を設置すれば文字通り部屋の隅々までWi-Fiが利用できるようになります。

1-2.レンタル月額料金がかかり続ける

フレッツ光で無線LANに対応したルーターをレンタルする場合、毎月数百円ずつ月額料金がかかり続けることになります。有線LANだと月額料金はかからないので、無線LANを選択すると高くついてしまいます。ただし、Wi-Fiルーターは必ずプロバイダが指定するものを使用しなければならないという決まりはなく、家電量販店などから自分で購入して設置したほうが、長い目で見ると安上がりになることも多いのです。たとえば、Wi-Fiルーターは安いもので2000〜3000円程度から購入できます。低価格のものは一般的にシングル用で、2階などへWi-Fiを送ることは難しいケースがありますが、一人暮らしで部屋数が少ないアパートやマンションなどの利用には適しています。

戸建てやコンクリート壁で隔てられた部屋で使用する場合などは、5000〜1万円程度するものを使用すれば問題ないでしょう。フレッツ光でWi-Fiルーター本体をレンタルした場合は毎月プラス250円かかり、無線LANカードを借りた場合は毎月100円かかります。そのため、長くWi-Fiを利用する予定なのであれば、ルーターを購入してしまったほうがお得です。ただし、フレッツ光のサポートを受けたい場合などは、レンタルのほうが安心ともいえるでしょう。どちらが適しているかはよく考える必要があります。

1-3.外出先でも使うならオプションサービスがある

外出先でもWi-Fiを使いたいという場合があるのではないでしょうか。その場合は、SIMフリーで使えるモバイルルーターの「光ポータブル」が役立ちます。こちらは、フレッツ光の料金に月額300円を追加することでレンタルでき、自宅でも外出先でも使える便利なアイテムです。軽くてコンパクトなのが特徴で、最長で8時間連続で使用できる長持ちバッテリーが魅力となっています。そのほかにも、USB電池供給機能でスマートフォンに電気を供給したり、最大10台まで同時に接続できたりするなど、高いスペックが特徴です。

自宅でWi-Fiルーターとして使用することもできるので、家でも外でもインターネット接続をしたい人に向いています。ただし、別途でモバイルデータ通信の契約をする必要があり、月額料金もフレッツ光の料金とは別途で発生することに留意しましょう。

2.安く利用するにはフレッツ光に契約している必要がある

ここまで紹介したフレッツ光を利用したWi-Fiのサービスは、フレッツ光にすでに契約している人が前提となります。もしもこれからサービスを契約するとなると、フレッツ光の契約料、月額利用料、工事費が必要です。つまり、ただWi-Fiサービスを使うためだけにフレッツ光に申し込むと、結果的に割高になってしまう可能性があります。では、フレッツ光に加入していない人がWi-Fiサービスを使いたいと考えている場合、どうすればお得になるのでしょうか。

3.スタイル別Wi-Fiサービスの選び方

自身の使用頻度やスタイルにあわせたWi-Fiサービスを選択することはとても大切です。なぜなら、自分に合うものを見つけられれば、オーバースペックで高くなってしまう機種を契約せずに済み、毎月の通信費が減ることもあるからです。では、どうすれば適切なプランを見つけられるのでしょうか。ここでは、3つの観点から解説していきます。

3-1.自宅のみでWi-Fiを利用する場合

自宅のみでWi-Fiを利用したい人は、固定回線を選択するのがおすすめです。固定回線は通信容量の制限がなく、ポケットWi-Fiのように充電や通信速度に心配がありません。固定回線を利用するには、まずは契約し、自宅に回線を引く工事を行ってWi-Fiルーターをレンタルもしくは購入して接続するのが主な流れです。こちらは工事が伴うため、申し込みをしてからすぐにインターネットが使えるわけではなく、場合によっては1カ月以上待つこともあります。

固定回線を提供する業者は多いため、それぞれにきちんと料金を比較・検討すると良いでしょう。自分が現在使っている携帯会社の光回線をチェックすると、お得なプランが見つけられる可能性があります。ただし、固定回線を引く方法では、あくまで自宅でしかWi-Fiは使えないので注意が必要です。外出先でもインターネットを利用したいのなら、別の選択肢を選んだほうが結果的にお得になる確率が高いでしょう。

また、固定回線の場合は2年契約など契約期間に縛りがある場合がほとんどです。契約期間内に解約すると解約料金が掛かる場合がありますので、転勤などで引っ越しが多い方はこの点も念頭に入れて検討した方が良いでしょう。

3-2.外出先でも利用したい場合

外出先でもWi-Fiを利用するなら、小型で軽く携帯性が高いモバイルWi-Fiが便利です。カバーされているエリアであれば、どこでもすぐにインターネットにつなげることができます。ただし、モバイルWi-Fiには通信容量に制限がある場合が多い点は注意が必要です。容量無制限と書かれていても、「3日間で10GBまで」などのルールが設けられていることもあり、申し込む前に確認が必要になります。また、それぞれのモバイルルーターによって速度の違いや稼働時間の違いなどもあるので、単に価格だけで決めるのではなく機器による差にも注目することが必要です。

さらに、モバイルルーターの機器自体を購入する場合には、数年間の縛りを設けるプロバイダも多いです。そのため、長期間ルーターを利用するなら総合的に格安で使用可能となるでしょう。各社ともさまざまなプランやサービスを打ち出しているので、どれが良いかをきちんと比較検討することが重要です。

3-3.短期間だけ利用したい場合

出張や海外からの一時帰国、急な引越し、入院などで短期間だけWi-Fiを利用したいケースもあるのではないでしょうか。短期間だけ利用する場合には、モバイルWi-Fiをレンタルするのがお得に利用できる方法です。レンタルは、購入のように契約期間の縛りがなく中途解約時の高い違約金もないのが特徴です。ただし、購入とは違い、ルーターを紛失してしまったときには弁償金がかかることもあるので注意が必要です。また、モバイルWi-Fiの種類によっては、海外で利用できるものもあります。

海外旅行や海外出張でも活躍してくれるので、「インターネットなしで短期間海外へ行くのが不安だ」という人には、モバイルWi-Fiのレンタルが適しているでしょう。さらに、モバイルWi-Fiなら自宅でも使用できるので、短期間滞在するためだけに、わざわざ工事を行う必要もありません。手軽にインターネットを使いたかったり、移動が多かったりする人は、レンタルという選択肢を覚えておくと便利です。

5.レンタルWi-Fiなら「WiFiレンタルどっとこむ」がおすすめ

短期間での使用におすすめのモバイルWi-Fiのレンタルは、安心して利用できるレンタル会社を選ぶことがポイントです。レンタル会社によっては価格だけではなく、サービスや取り扱っている機器にも差があります。数あるモバイルWi-Fiレンタル会社のなかでもおすすめの業者は、「WiFiレンタルどっとこむ」です。まず、こちらの会社は業界大手であり、定評のあるサービスを展開しているため安心感があります。取り扱っている機種が豊富で、サービスも洗練されており、特筆すべきは1日単位からレンタル可能な点で、短期間でも格安で利用可能です。

同社でモバイルWi-Fiルーターをレンタルする場合、自宅への宅配と空港の2種類の方法で受け取ることができます。旅行などでモバイルWi-Fiを利用したい場合は空港が便利で、引越しなどにより一時的に家でインターネットが使えない状況などでは自宅で受け取るのが良いでしょう。好きなだけ利用した後は、宅配での返送か空港での返却をする流れとなっており、返却に複雑な手続きなどが必要ありません。このように利便性が高いため、利用者が多いのも同社の特徴です。

また、わざわざ固定回線のために工事をしたくない人や、ルーターを購入したりプロバイダと契約したり、ルーターを設定したりする手間が面倒に感じる人にも、モバイルタイプが特におすすめです。モバイルWi-Fiルーターは、受け取って電源を入れ、手持ちのスマホやパソコンにパスワードを入力するだけですぐに使えるので、面倒な設定が不要です。加えて、契約による高い違約金を支払いたくないなどのケースでも有用といえるでしょう。では、上記のほかにもWiFiレンタルどっとこむにはどのような魅力があるのでしょうか。4つの視点から解説していきます。

5-1.短期間での利用に適している

WiFiレンタルどっとこむでは、モバイルルーターを1日単位から借りることができるので、入院や旅行、引越し時といった短い期間の利用に適しています。そのため、16日間や38日間など、ちょうど借りたい期間だけぴったり借りることができるので、必要以上の料金を支払う必要がありません。また、6カ月くらいまでの使用なら違約金を含めてもレンタルするほうが安くなる場合が多くあります。通常、2年間などのまとまった期間インターネットを利用する契約をした場合、月々の料金が割安となる傾向です。

しかし、契約を途中で解除するとお得感が減るどころか、違約金が発生し、逆に損をする恐れが出てくるので注意しましょう。短期間だけインターネットにアクセスしたいのなら、日単位で借りられるモバイルWi-Fiをレンタルするのがおすすめの選択肢の一つです。モバイル式のものなら工事も不要ですし、WiFiレンタルどっとこむなら同じレンタル業者と比べても価格が良心的なので魅力的でしょう。

5-2.貸し出しや返却が簡単

WiFiレンタルどっとこむで端末を借りた場合、前述のように宅配か空港での受け取りとなります。そのため、貸し出しや返却に際して利便性が高く、手間や時間が取られないことが特徴です。宅配なら自宅にいながら借りることができ、返すときも宅配やポストへ投函で良いので、すべて自宅で完結できます。さらに、空港での貸し出し・返却にも対応しており、旅行へ行く際などにも便利です。また、Wi-Fiルーターを申し込むと最短翌日から利用できるので、固定回線の利用で工事をするのとは違い、使いたいと思ったときに待つ必要がなく、すぐにインターネットに接続できるのも魅力といえます。

5-3.大容量でオプションも豊富

WiFiレンタルどっとこむの特徴に、大容量の機種を扱っており、オプションも豊富である点が挙げられるでしょう。1日の容量制限が10GBのものもあり、同じレンタル業者と比較すると大容量といえます。オプションには、端末を紛失・盗難した場合の補償サービスや、モバイルバッテリーの貸し出しがあります。業界大手なだけに、単に優れた機種をレンタルするだけではなく、安心感も提供してくれるのが特徴です。一般的に、Wi-Fiのレンタルでは紛失・盗難したときの弁償金がどうしても大きな負担になってしまいます。そのため、補償サービスをうまく活用できれば、万が一のときでも安心感が得られるでしょう。

5-4.最新の端末も利用できる

WiFiレンタルどっとこむでは、借りられる端末数が豊富で、ほかの業者と比べると選択肢が広いのも特筆すべき点です。なかには、最新の端末も用意されており、短期レンタルを利用して最新端末を試してみたい人にも向いています。取り扱う端末の種類が多い分、自分の利用状況に合うタイプのものを見つけやすいのがメリットです。メールのチェックなどだけ利用したい人は、通信容量が少なくレンタル料も低いものを借りられるでしょう。一方で、動画をたくさん見たい人は無制限のものがレンタル可能です。

自分の利用スタイルに合わせたWi-Fiの選択をしよう!

インターネットの利用というとフレッツ光が有名ですが、Wi-Fiでは多様なスタイルにあわせてさまざまな選択肢が視野に入るでしょう。外出先でネットを利用したい場合や短期での使用を検討しているなら、モバイル式のWi-Fiがおすすめです。特に、WiFiレンタルどっとこむでは、レンタル業者のなかでも低価格で機種の種類が多いなど、魅力が多くあります。Wi-Fiの導入を考えている人は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。