6ヶ月だけ使いたい場合にはレンタルWiFiを使えばお得って本当?

2019年11月05日

6ヶ月だけ使いたい場合にはレンタルWiFiを使えばお得って本当?

外出先でもネットにつないでサクサクとスマホやタブレットを使いたいという人が増えています。そんなときに便利なのがモバイルWiFiです。なかでもレンタルWiFiは、違約金がかからないなどの魅力があるので、短期間での使用に便利なツールとして注目されています。では、ちょっと長めの6カ月だけ使いたいという場合にもレンタルWiFiはお得なのでしょうか。今回は、6カ月だけレンタルWiFiを利用したい場合の魅力について紹介します。

1.レンタルWiFiとは?

そもそもレンタルWiFiとは、どういったものなのでしょうか。WiFiを利用する場合は、公共のWiFi利用を除き、WiFiルーターを用意しそれらを経由してWiFiを利用します。ルーターは、自宅に設置するタイプと携帯できるモバイルタイプがありますが、どちらの場合であってもルーターを購入することが必要です。一般的に使われているWiFiルーターを購入する場合は、格安プロバイダによくある2年縛りなどが設定されており、解約する場合に時期を誤ると高い違約金がかかる可能性があります。そのため、結果的に高くついてしまうことがあるため注意が必要です。

しかし、レンタルWiFiの場合は、好きなときに好きなだけレンタルできますので、そういった心配がいりません。短期の利用をする場合は、国内用のレンタルWiFiがお得になることがあります。たとえば、入院時や引っ越しの期間といった場合など細かい使用が想定されますので、短期での利用の際は選択肢の一つに考えるとよいでしょう。

2.レンタルWiFiのメリット

WiFiを利用するメリットは、たくさんあります。その中でも、特にレンタルWiFiでのメリットに着目してみましょう。WiFiルーターを購入して利用する場合と、レンタルWiFiではメリットにどのような違いがでるのでしょうか。ここでは、レンタルWiFiの代表的な3つのメリットを紹介します。

2-1.違約金が発生しない

WiFiのルーターを購入する場合と、レンタルする場合の大きな違いは解約時期の縛りがないことです。期間の縛りがないため、解約時の違約金が発生しません。そのため、最初にWiFiのルーターを購入する場合を考えてみましょう。一般的なWiFiの契約では、2~3年の縛りがあることが多く、それよりも短い期間だけ使用しようと思えば、違約金を払わなければならなくなります。そのため、短期でWiFiを利用しようと思うとかえって高くついたり、損をしたりしてしまうことにつながるでしょう。しかし、レンタルWiFiの多くは1日からでも使用することができるため、短期間での使用であっても安心して利用することができます。

2-2.短期間での使用に

1日あたりの使用料を考えると、当然のことながら長期間になればなるほど安くなります。2~3年といった長期に渡る使用を前提に選ぶのであれば、長期の契約による割引が適用されるWiFiルーターを購入して利用する契約方法がおすすめです。しかし、短期間での使用なのであれば、レンタルWiFiがお得に使うことができます。引っ越しするタイミングで数日間だけ回線が使えなくなったり、数週間入院したりする場合は短期間のレンタルWiFiを利用するほうが重宝するでしょう。

レンタルWiFiであれば、いつでも解約することができたり、利用する期間を決めたりすることができます。レンタルWiFiの利用には、回線工事の必要がないため、届いたその日からすぐに使え、解約もスムーズにできることも魅力的なポイントです。

2-3.大容量で速度が速い

外出先では、動画視聴やアプリのダウンロードといった大容量で速度が速い環境が推奨される利用が多くなります。レンタルWiFiでは、「1日3GB使用できる」といった容量が大きいサービスも用意されているため、いろいろな利用が可能です。また、速度も速いので外出先でストレスなくネット環境を使うことができます。容量と速度に関しては、プランによって異なりますので、業者のプランや料金表を見比べて、自分の希望に合ったものを選ぶとよいでしょう。

3.レンタルWiFiのデメリット

短期間の利用に便利で使い勝手もよいレンタルWiFiですが、いくつかのデメリットもあります。3つのデメリットを紹介しますので、検討の際の参考にしてください。

3-1.長期使用だと高くなる可能性がある

レンタルWiFiは、短期での利用を想定しています。そのため、1年を超える長期使用をする場合には、購入したほうが逆に安くなる可能性が高いです。しかし、購入の場合は違約金などの費用が発生することもあります。そのため、トータルで考えてみると業者やプランによっても異なりますが、6カ月~1年くらいまではレンタルのほうがお得になるケースが多い傾向です。実際に、「自分がどのように使いたいか」の希望に合わせて業者の料金をよく比較したうえで選択するとよいでしょう。

3-3.紛失時の弁償金が高額

実際に、レンタルしたルーターを紛失してしまったらどうなるのでしょうか。ルーターの紛失では、弁償金を支払うことになります。ルーターは、あくまでレンタルしているだけですので、自損による紛失はもちろん、盗難にあった場合であっても、弁償金を支払わなければなりません。多くのレンタル業者は、端末本体に数万円と高額の弁償金を設定しています。そのため、気がゆるんだり悪質な盗難にあったりしてしまいルーターを紛失してしまうと、かえって大きな負担になりますので注意が必要です。

このような状況を回避するために、業者によっては補償サービスや弁償金を考慮にいれたパックを提供している場合もあります。心配な場合や、常にルーターが紛失しないよう意識しなければならないことに抵抗を感じる人は事前に付帯しておくことがおすすめです。

4.レンタルWiFiなら「WiFiレンタルどっとこむ」がオススメ!

スマホやタブレットの普及が広まってきたことで外出先でのWiFi利用のニーズが高まり、多くのレンタルWiFi業者が短期レンタルWiFiのサービスを提供しています。レンタルWiFiは、使い方によってさまざまなサービスを選択でき、かつ格安であることがポイントです。さまざまな業者の中でも「WiFiレンタルどっとこむ」は、WiFiを1日単位から格安で利用できると定評のあるサービスのため、おすすめです。
ここでは、「WiFiレンタルどっとこむ」の特徴について紹介しましょう。

4-1.格安でWiFiをレンタルできる

レンタルWiFiであれば、通常2~3年の期間の縛りがないため、短期だけの利用であっても違約金がかかりません。そのため6カ月利用ならお得に使うことができます。期間縛りを気にすることなく、使いたいときに使いたいときだけ借りることができることは、ユーザーにとって大変便利です。また、余計なお金を払う心配がなくお得感もあるため、安心して利用することができます。「WiFiレンタルどっとこむ」は、格安でレンタルできるサービスを提供しているのが大きな特徴です。レンタルWiFiの各社を比較してみても、「WiFiレンタルどっとこむ」の6カ月利用のサービスは、トップクラスの安さを誇ります。

4-2.1日単位で利用できる

レンタルWiFiは、どれくらいの短期から利用できるのでしょうか。
「WiFiレンタルどっとこむ」は、1日単位から借りることができますので、短期での利用に優れています。引っ越しをした日の回線がつながるまでの数日であったり、突然入院をすることになったりしたときなど、突発的なレンタルであってもすぐに利用できるため大変便利です。また、海外でも使えるプランが用意されていますので、機種によっては海外旅行時に携帯して利用することも可能です。逆に海外で生活している人が一時的に日本に帰国したときなどでも便利に使えます。もちろん、国内旅行にも重宝します。

4-3.宅配や空港での受け取りも可能

レンタルWiFiを利用するときに、「頼んだらすぐに使えるのか」と心配な人もいるのではないでしょうか。このようなときに便利なのが、宅配や空港での受け取りです。たとえば、店舗に取りにいく必要がある場合は、自分のスケジュールが合わず受け取りが遅れてしまうこともあるかもしれません。その場合は、宅配で送ってもらえると便利です。たとえば、海外旅行や国内旅行など日程がすでに決まっている場合などでは、使いたい日に手もとに届くのか心配になります。遅れて自宅についたために結局使えないのでは本末転倒です。余裕をもって契約するのが一番ですが、必ずしもそうとはいえません。

「WiFiレンタルどっとこむ」は、宅配でのレンタルが可能ですので店舗に出向いたり、戻したりという手間がありません。自宅にいながら貸し出しから返却までの手順を済ませることができます。旅行時などに使う場合は、利用する空港で受け取り、戻ってきた空港で返却がすることもできるため大変便利で急な延長にも対応が可能です。旅行先での飛行機の遅れによって飛行機到着時間がずれてしまったり、入院が長引いてしまったり、自宅の光回線工事日程に遅れが生じたりした場合など、急に日程の変更を余儀なくされる場合があります。その場合であっても簡単に返却を延ばすことが可能です。

4-4.他社に比べて大容量

さまざまな利用が考えられるレンタルWiFiは、利用者によって大容量である点に重点を置く場合もあるでしょう。「WiFiレンタルどっとこむ」は、大容量ニーズにも対応できます。通常、多くのレンタル業者は、1日3GBをメインとしてレンタルサービスを行っている傾向です。一方、「WiFiレンタルどっとこむ」は1日10GBのプランも多いので、「動画視聴や外出先でのダウンロードなどで利用しよう」と考えているユーザーには、利便性の高いサービスになります。

「動画をデバイスに複数本保存したい」「自分で撮影した動画を外出先でいつでもダウンロードして見たい」と考えている場合など、動画視聴や外出先でのダウンロードは多くの容量を消費してしまいがちです。そのため、大容量や無制限のサービスを選択することで安心して利用することができます。10GBという大容量は、通常以上の利用であっても十分に対応できる容量ですので安心です。

4-5.新しい端末も利用できる

「短期のレンタル利用だからどの端末でも安ければいい」「しっかりとつながりさえすればいい」という考え方もありますが、どうせ借りるのであれば、「新しい端末を試してみたい」と考える人もいます。しかし、実際に多くのレンタル業者は数種類の端末から選択することが多く、利用者の希望する新しい端末が対象となっていない場合も少なくありません。「WiFiレンタルどっとこむ」では、10種類もの端末の中から自分の好きなものを選ぶことが可能です。これは、他のレンタル業者に比べると選択肢が豊富な傾向のため、こだわりを持つユーザーだけでなく、多くの人が魅力を感じています。

たとえば、WiMAXの最新端末としてW06の取り扱いもしています。まずは、レンタルWiFiで使い勝手を試してみて、改めて購入しようと考えている人にとっては格安で新しい端末を試すことができることは非常に魅力的です。

4-6.支払いはクレジットカードのみ

大変便利で使い勝手のよいレンタルサービスが「WiFiレンタルどっとこむ」の魅力です。しかし、利用するにあたり注意しなければならない点が1点あります。それは、支払い方法についてです。サービス利用料の支払いにはさまざまな方法がありますが、「WiFiレンタルどっとこむ」の支払い方法は、クレジットカード決済のみとなっています。他のサービス業者の中には、銀行振込や代金引換などの決済方法を導入しているところもありますが、「WiFiレンタルどっとこむ」は一切選択できない点はデメリットです。そのため、クレジットカード決済以外での支払いを希望している場合は、「WiFiレンタルどっとこむ」を利用できませんので注意してください。

6ヶ月の利用ならお得なレンタルWiFiを検討しよう!

長期の利用ではなく6カ月という短期の利用であれば、利用期間に縛りのあるプロバイダよりも、縛りのないレンタルWiFi業者がお得でメリットも多いことがわかります。なかでも「WiFiレンタルどっとこむ」は、大容量で最新の端末をはじめ多くの端末から好きなものを選べるのが魅力です。ぜひ6カ月でWiFi利用を検討しているのであれば、各社比較のうえ、お得な「WiFiレンタルどっとこむ」を検討してみましょう。