1年契約ならレンタルWi-Fiがオススメ!業者選びのポイントとは

2019年10月29日

1年契約ならレンタルWi-Fiがオススメ!業者選びのポイントとは

無線でネットを利用できるWi-Fiの中でもポケットWi-Fiは、屋内外に関係なく場所を選ばずに使用できるため、とても便利です。しかし、1年以内の短期間での使用の場合、多くのモバイル回線は契約の縛りがあるなど使い勝手が悪い面もあります。そこで、ここでは1年契約でWi-Fiを利用する際におすすめの「レンタルWi-Fi」に焦点を当てながら、業者選びのポイントなどについて解説していきます。

1.プロバイダの契約は通常2~3年縛りが一般的

まず、一般的な格安プロバイダでWi-Fiを契約する場合を見ていきましょう。屋外でのWi-Fiの使用は、ポケットWi-Fiというルーターを持ち運ぶことで通信ができるようになります。ポケットWi-Fiの購入については、一般的には「2年縛り」のように一定の期間の契約を前提としている格安プランが多い傾向です。つまり、いったん契約したら定められた期間は使用し続けなくてはいけません。契約期間中に解約すると、高額な違約金の支払いが発生するため、短期しか使用しない場合にはポケットWi-Fiの契約は適していません。

また、ポケットWi-Fiの契約についてはプロバイダによって速度制限や容量が異なります。そのため、契約の際には使用目的や環境をよく考えて、しっかり比較してから決めることが必要です。

2.ポケットWi-Fiをお得に1年間契約する方法

ポケットWi-Fiを1年契約という期間で利用するにはどうすればいいのでしょうか。ここでは、ポケットWi-Fiを1年契約で利用するための2つの方法を紹介していきます。

2-1.WiMAXのキャッシュバックを利用する

ポケットWi-Fiを1年契約で利用する方法の一つは、「WiMAXのキャッシュバックを利用すること」です。実際に1年契約というプランがあるわけではありません。しかし、WiMAXの回線を使いキャッシュバックが受けられるプロバイダを利用することで、擬似的に1年契約とすることができます。WiMAXの契約を結ぶと、キャッシュバックを受けることが可能です。キャッシュバックがもらえる1年程度の期間が経過してから解約することで、事実上違約金などのペナルティを受けずに実質1年契約を行うことができます。

キャッシュバックを利用する方法を用いる際には、GMOとくとくBBなどキャッシュバックが高く設定されているところを利用すると効果的です。ただし、どのプロバイダを選んでも解約のタイミング逃してしまうと違約金を支払わないと解約ができなくなる危険性があります。そのため、キャッシュバックを利用する方法は初心者にはおすすめできません。

2-2.契約期間の縛りがないレンタル業者を利用する

「契約期間の縛りがないレンタル業者を利用すること」も、ポケットWi-Fiを1年契約で使用する方法の一つです。ポケットWi-Fiを利用するには、購入以外にもレンタルするという方法があります。レンタルなら、購入してキャッシュバックを利用する方法と違って、「キャッシュバックをもらってから解約手続きを行う」という手間がありません。また、解約のタイミングを見逃してしまう危険もないので、こちらのほうが安全で確実だといえるでしょう。

レンタルなので、レンタル期間が長くなればなるほど使用料は高くなってしまいます。しかし、短期での使用ならレンタルのほうが費用を低く抑えられるでしょう。そのため、旅行や入院時、一時帰国の際にポケットWi-Fiを利用するならレンタル業者のほうが最適です。

3.Wi-Fiの業者選びのポイント

ポケットWi-Fiを利用するなら、どの業者を選ぶかを考えなくてはいけません。そこで、ここではWi-Fiの業者選びのポイントを3つピックアップして解説していきます。

3-1.高い違約金は発生しないか

まず、優先的にチェックしたほうがよいポイントは違約金についてです。一般的なプロバイダとの契約の際には、一定期間契約を継続するよう定められており、その期間内で解約する場合には違約金を支払わなくてはいけません。この点は、ポケットWi-Fiを短期で利用する際の最大の障害ともいえるでしょう。短期で利用したいからといって、広告などにつられて安易に契約してしまうのは危険です。あとから違約金のことを知ってからでは遅いため、契約前には必ず1年契約をした場合に、違約金も含めてどのくらいの負担になるのかを具体的に計算しておきましょう。

特に、初心者は安い料金の情報だけを見て、違約金などについて十分理解しないまま契約してしまいがちなので注意が必要です。契約の際には、表に出ている情報だけでなく違約金をはじめとする契約内容もしっかり理解しておくようにしましょう。

3-2.容量は十分か

自分が使うと予想される容量と、Wi-Fi契約で使用できる容量が釣り合っているかも重要なチェックポイントです。使用できる容量が多ければ多いほど、たくさんの動画を見たりアプリを利用したりしやすくなります。使用容量が契約による規定の容量を超えてしまうと、速度制限がかかったり追加料金が発生したりするので、日ごろから動画視聴やゲームなどで大きな容量を使う人は、大容量の契約プランを選んでおけば快適にポケットWi-Fiを利用できるでしょう。

ポケットWi-Fiの容量は、1日「1GB」や「無制限」などさまざまです。当然、容量によって契約料金は大幅に異なってくるので、自分に最も合った契約プランを選ぶようにしましょう。そのためには、「普段から自分がどのくらいの容量を使っているか」を把握しておくことが大切です。

3-3.希望とマッチしているか

違約金や容量以外にも、「その契約プランが自分に合っているかどうか」は重要なポイントです。自分の希望に合っているかどうかは人によって異なりますが、おおむね以下のようなポイントに気をつけるといいでしょう。まず、どのくらいの日数そのポケットWi-Fiを使い続けるかを考えましょう。短期での利用を考えているなら、具体的な日数を出すのはそれほど難しいことではないはずです。自分が使いたい日数なら、どの業者が一番安く使えるかを検討しましょう。

また、基本的なことですが「自分が使いたい端末の種類があるかどうか」を確認しておくことも大切です。いざ契約してから端末が使えないのでは意味がありません。万が一の自体に備えて、紛失してしまったときにはどうなるのかについてもチェックしておきましょう。そのほか、どのようなサービスやサポートがあるのかを十分理解しておくことが大切です。

4.1年契約におすすめの「WiFiレンタルどっとこむ」とは

1年契約におすすめのサービスとして、「WiFiレンタルどっとこむ」というものがあります。「WiFiレンタルどっとこむ」は、国内向けWi-Fiを1日単位からでも格安でレンタルできるサービスです。なんと、最短で1日から契約ができ、しかもレンタル開始は最短で即日可能となっています。そのため、国内旅行や入院、引っ越し中や日本への一時帰国などの際に非常に重宝するサービスです。申し込みは、インターネットから可能で端末は宅配や空港で受け取ります。また、利用期間が終わったら同じように宅配もしくは空港の返却カウンターで返却するだけなので簡単です。

容量制限も1日10GBと大きいので、頻繁に動画視聴やゲームなどをする人でも余裕を持って楽しめます。契約可能な端末も豊富なので、機種を選ばずに利用できるでしょう。

5.「WiFiレンタルどっとこむ」のメリット

「WiFiレンタルどっとこむ」には、どのような魅力やメリットがあるのでしょうか。ここでは、「WiFiレンタルどっとこむ」のメリットを5つピックアップして解説していきます。

5-1.違約金がかからない

契約解除の際に、問題となるのが違約金です。通常、格安プロバイダと契約した場合は、定められた期間内は契約を維持しなくてはいけません。その期間内に解約する場合は、違約金が発生してしまいます。しかし、「WiFiレンタルどっとこむ」の場合はそうした縛りや違約金が設けられていないので、最短1日から好きな期間自由にレンタルすることができるのです。そのため、短期間であっても契約期間を気にせずに使えますし、短期間なら他社よりも格安で利用することができます。

また、キャッシュバックを利用して短期で解約する方法に比べ、解約のタイミングを気にしなくて良いのはメリットです。また、解約のタイミングを逃して高い違約金を支払う心配もないので、安心して利用できるのも大きなメリットだといえるでしょう。

5-2.短期間での使用で便利

ポケットWi-Fiを短い期間だけ利用したい人には、「WiFiレンタルどっとこむ」が最適です。前述の通り、「WiFiレンタルどっとこむ」には契約期間の縛りや違約金がありません。そのため、最短1日から1週間、1カ月といった、ごく短期間での使用も問題なく契約できるのです。「国内旅行」「引っ越し」「日本への一時帰国」「入院中」など、限られた期間だけ利用したい場合には最適のサービスだといえるでしょう。また、「WiFiレンタルどっとこむ」では、国内だけでなく海外でも使えるルーターを提供しています。そのため、海外旅行中でも問題なくサービスを受けることができる点はメリットです。

5-3.容量制限が大容量

ポケットWi-Fiを選ぶ際に、需要なポイントが容量です。普段から頻繁に動画視聴やゲームなどを利用する人は、より多くの容量を確保できるプロバイダを選ばなくてはいけません。その点、「WiFiレンタルどっとこむ」なら、1日10GBという大容量が利用できます。一般的なレンタル業者の容量が1日3GBであることを考えると、この容量は非常に魅力的だといえるでしょう。実際、同じレンタル業者の「縛りなしWi-Fi」を調べてみると、Softbankの端末の容量制限が1日3GBなのに対して、「WiFiレンタルどっとこむ」は1日10GBです。

動画の視聴や外出先でのダウンロードなどで容量を多く使う人は、少ない容量のプランだと容量制限や追加料金で不便な思いをしてしまいます。そのため、そうした人は「WiFiレンタルどっとこむ」の利用がおすすめです。大容量でストレスなくポケットWi-Fiを楽しめることは大きなメリットといえるでしょう。

5-4.端末の種類が豊富

いくら魅力的なサービス内容であっても、自分の持っている端末に使えなければ契約する意味はなくなります。しかし、「WiFiレンタルどっとこむ」なら使用端末で迷う心配はありません。「WiFiレンタルどっとこむ」では、303ZT、601HW、501HW、E5383、801ZT、FS030W、Si-L10、WX03、W06、GlocalMeの全10種類の端末に対応していることが特徴です。一般的に、レンタル業者の縛りなしWi-Fiでの対応端末の数は数種類なので、全10種類対応というのは、格段に種類が豊富だといえるでしょう。また、レンタル業者によっては最新機種に対応していないこともあります。

しかし、「WiFiレンタルどっとこむ」ではWiMAXの最新端末であるW06にも対応している点は注目に値するでしょう。最新機種を早速試してみたい人にはお得なサービスです。

5-5.受け取りや返却が簡単

どんなサービスでも、利用するたびに煩雑な手続きがあると利用するのがおっくうになってしまうものです。その点、「WiFiレンタルどっとこむ」は受け取りも返却も非常に簡単なため、非常に使いやすいといえるでしょう。受け取りは、宅配と空港の2種類を選択することができます。旅行のときは空港で受け取れますし、宅配なら自宅だけでなく病院などにも宅配可能です。また、その日の13時までに申し込みを済ませれば、最短で当日発送してくれるので、使いたいときに到着を待つ必要がありません。さらに、返却もスムーズです。受け取りのときと同じように、自宅から発送するか空港の返却カウンターから返却するだけなので手間がかかりません。

6.「WiFiレンタルどっとこむ」のデメリット

短期間で使えて大容量、受け取りや返却も簡単な「WiFiレンタルどっとこむ」ですが、デメリットもあります。ここでは、「WiFiレンタルどっとこむ」のデメリットを2点ピックアップして解説していきます。

6-1.長期になると高額になることもある

「WiFiレンタルどっとこむ」は、レンタルサービスなのでレンタル期間によって料金が変わってきます。そのため、利用が長期間に渡る場合はかえって料金が高額になってしまうこともあるのです。「WiFiレンタルどっとこむ」は、旅行や一時帰国など短期での利用には適していますが、長期での利用には向いていません。どのくらいの期間利用するかをよく考えて、自分に合った利用法を選びましょう。「WiFiレンタルどっとこむ」は、大容量で選べる端末が豊富という点を踏まえて、短期で利用する場合に検討するといいでしょう。

6-2.口座振替決済ができない

「WiFiレンタルどっとこむ」の料金の支払いについては、使用できるのはクレジットカードのみです。そのため、口座振替決済を使うことはできません。対応しているクレジットカードは、Visa、MasterCard、American Express、JCB、Dinersの5種類です。これ以外の、口座振替、銀行やコンビニでの振込、Pay-palや銀聯カードなどでの方法では支払いはできませんので気をつけましょう。

Wi-Fiの1年契約なら断然「WiFiレンタルどっとこむ」がオススメ!

ポケットWi-Fiは、一般的には2年縛りや違約金などの制約が多い傾向です。しかし、「WiFiレンタルどっとこむ」のレンタルサービスなら、そうした制約を気にすることなく利用することができます。こうしたサービスは、旅行や引っ越しなどの際に短期でWi-Fiを利用したいときに最適です。特に、「WiFiレンタルどっとこむ」なら、大容量で選べる端末も多いので、1年契約でポケットWi-Fiを利用したいという人は一度検討してみてはいかがでしょうか。