里帰り出産のインターネットにはWiFiレンタルが便利!妊娠中や出産準備の必須アイテム

2022年06月10日

里帰り出産のインターネットにはWiFiレンタルが便利!妊娠中や出産準備の必須アイテム

はじめに

 

妊娠・出産の際に、里帰り出産を選択する方もいらっしゃると思います。

ただし、里帰り先や入院先の病院には十分にWiFi環境が確保されていないこともありますよね。

実は、妊娠・出産時のインターネット手段として、WiFiレンタルサービスを利用したというユーザーさんが結構いらっしゃるんです。

そこで今回は、妊娠中や里帰り出産に便利なレンタルWiF活用法をご紹介します。

出産準備・入院準備の必須アイテムにぜひ加えてくださいね。

 

WiFiルーターは出産準備の必須アイテム

 

なぜWiFiルーターが出産準備の必須アイテムなのでしょう?

それは、妊娠後にスマホでインターネットを使用する機会がとても多くなるからなんです。

 

しかも、WiFiルーターは自分専用のWiFiとして利用でき、どこへでも持ち運べることがポイントです。

 

普段はスマホで契約しているギガだけで事足りていたとしても、妊娠中はなかなかそれだけでは補えなくなることも増えてきます。

 

出産や子育てについてスマホで調べものをする事も増えますし、マタニティグッズや入院グッズを揃えるためにネット通販をする機会も増えます。

また、妊娠中には思うように体が動かなかったり、身体がつらかったりして、ベッドやソファに横になって過ごす、ということも増えるかもしれません。

そんな時は、タブレットやパソコンを立ち上げるのはなかなか億劫なので、手元のスマホで全て済ませる方が楽だったりします。

また、出産の際、事前に入院することになった場合などにも、暇つぶし手段としてスマホを利用することが多いでしょう。

スマホで漫画や本を読んだり、動画を見ることが何よりも暇つぶしになりますが、実は、この動画を見ることが1番ギガを消費してしまうんです。

こんな風にスマホでインターネットを駆使してたら、あっという間にスマホのギガ容量がオーバーしてしまうかもしれません。

 

スマホの容量を使い切ってしまうのは不便ですし不安ですよね。

なので、スマホのギガ消費を抑えるためにも、自分用のWiFiルーターがあるととっても便利で安心なんです!

 

WiFiルーターは持ち運ぶことができるので、自宅でも、病院でも、里帰り先でも、電波が入ればどこでもWiFi環境を手に入れることができます。

 

妊娠中のインターネットはレンタルWiFiで決まり

 

WiFiルーターは、通信キャリアで契約をすると、通常2年~3年などの契約期間に縛りがあります。

契約期間の途中でWiFiルーターを解約するためには、解約金が発生してしまいます。

妊娠~出産の期間しかWiFiルーターを使わないのに、解約金を支払うのは余計な出費になってしまいますよね。

 

そこでおすすめなのが、レンタルWiFiです。

 

「WiFiルーターを、妊娠中~出産して病院を退院するまでの間だけ使いたい」といった、好きな期間だけレンタルしてWiFiルーターを利用できるのが、WiFiレンタルサービスです。

 

必要な期間だけWiFiをレンタルできるので、余計な出費がかかりません。

また、使用頻度にもよりますが、都度スマホのギガを追加するよりも、トータルで安く済む場合も。

 

スマホは、利用可能ギガをオーバーすると、低速化してしまします。

スマホのギガを追加するには1GB1000円などかかってしまいます。

 

基本のプランを大容量プランに切り替えることもできますが、プラン変更が反映されるのは翌月からだったりして、「今すぐ利用したい」という時には、ギガを追加で買わなければならない、という場合も。

追加でスマホのギガを課金していたら、気付いたらかなりの額になっていた、なんてことにもなりかねません。

 

ですが、レンタルWiFiの中には無制限(1日3GB、1日5GBなどの利用が目安)のWiFiもあり、1ヶ月4000円台でレンタルできるものもありますので、スマホのギガを追加するよりも、結果的に安く済ませることができるんです。

 

ただし、WiFiルーターは、携帯電話と同じように、通信キャリアの基地局からの電波をキャッチする仕組みですので、実際に使用してみないとその場所で使えるかどうかは分かりません。

入院先の病院で使ってみたら圏外だった、なんてことになると、レンタル料金が無駄になってしまいます。

 

ですので、レンタルWiFiを申込む際には、妊娠・出産のフルの期間をいきなり申し込むのではなく、まずは試しに1週間くらいの利用期間で設定して申し込みをしましょう。

そして、使用感が問題なく、続けて利用したい場合には、延長してWiFiをレンタルするのがおすすめです。

 

WiFiレンタルどっとこむのWiFiレンタルサービスの場合は、自動延長システムを導入しています。

WiFiレンタル期間を延長するための、事前の連絡や手続きなどは必要ありませんので、WiFiレンタルを継続したかったらそのまま利用していればOK。

初回に登録したクレジットカードへ、自動的にレンタルWiFiの延長料金を精算してくれるんです。

 

しかも、レンタル期間を延長してもはじめに申し込んだプランがそのまま適用されますので、特定サイトの割引などもそのまま引き継いでお得にWiFiをレンタルすることができますよ。

入院中のインターネットにはレンタルWiFi

 

出産に伴って、事前に入院する必要のある管理入院になった場合など、場合によっては入院期間が長くなる可能性もあるかと思います。

 

暇つぶし対策としてゲーム機や読みかけの本を持って行っても、「筋力が落ちていて持つのがつらくなったり、寝たまま読んだり操作するのが難しくて、結局出番がなかった」という妊婦さんもいらっしゃるようです。

結局、使い慣れたスマホで色々と済ませるのがが1番手軽で、なにより楽ちんだったりするんですよね。

 

しかし、スマホのデータ容量を使用してで漫画をダウンロードしたり、動画を視聴したり、アプリでゲームをしていると、あっという間にスマホのギガを消費してしまいます。

また、コロナ禍以降では様々な事情でLINEやZOOMでオンライン面会をされることもあるかと思いますが、ビデオ通話もスマホのギガ消費が激しいです。

入院する病院の病室内にWiFiが飛んでいない場合もありますし、WiFiが飛んでいても十分な速度が出ないということも多いでしょう。

 

このような理由から、入院中は事前にスマホの容量プランを大容量に変更したり、レンタルWiFiを活用して、入院期間を乗り切ることがおすすめです。

レンタルWiFiには1日3GBや1日5GBといった利用可能データ容量の目安はありますが、スマホのギガ容量追加よりも比較的安価に利用することが可能です。

ぜひWiFiをレンタルしてスマホで存分でインターネットを楽しんでくださいね。

 

なお、病院によっては、病室ではWiFiルーターの利用ができない場合もあるようです。

可能であれば病院へ事前に問い合わせて、WiFiルーターが利用可能かどうか、確認しておいてください。

里帰り出産にはレンタルWiFiを持っていこう

 

里帰り中のご実家にはWiFi環境が無いという場合も少なくありません。

また、ご実家にWiFiがあっても繋がるのは1階だけだったり、リビングだけだったりして、

里帰り中のお部屋までWiFiが届かないということも。

実際、私も帰省先の実家の自分の部屋では、父の仕事部屋に飛んでいるWiFiをキャッチすることができません。

 

そんな時、自分用のWiFiルーターがあれば、いつでもWiFi環境が手に入ります!

 

自分の里帰り先は田舎だから・・・という方もいらっしゃるかもしれませんが、ひと昔前までよりは、通信キャリアも人里を中心に電波の強化に尽力していますので、まずは試しに使ってみてください。

 

先日、家族が地元の田舎の山の方にある病院に入院したのですが、案外ちゃんとWiMAXが繋がりました。家族とオンライン面会をしたり、変わらず入院中も仕事をすることができたようです。

 

ただ万が一、里帰り先の部屋では満足に電波が入らず使えなかった、という場合は残念ですが・・・。

電波が入らなかったことによる返金はできませんが、レンタルWiFiを返却してしまえば、返却日までの料金だけで済みますので(延長利用中の場合)、自動延長システムの利点をぜひ活用してください。

 

なので、里帰り先でレンタルWiFiを使用する場合には、初めから長期でレンタル期間を設定するのではなく、お試しで1週間くらいからのレンタルにしておくのがおすすめですよ。

 

実際に妊娠・出産を経験したママさんのお話

実際に妊娠・出産をご経験されたママさんが、入院時の体験をもとに、レンタルWiFiがあったらな、というお話をブログで紹介してくださいました。

とっても分かりやすく、参考になりますので、ぜひご覧ください。

管理入院や出産・里帰りの必需品?!Wi-Fiレンタルをおすすめする理由|ふたご絵日記

https://futagoe.com/nyuinwifi/

 

まとめ

里帰り出産や、妊娠・入院時にWiFiルーター・WiFiレンタルがおすすめな理由をご紹介しました。

ぜひWiFiレンタルサービスを活用して、快適な妊婦さんライフを楽しんでくださいね。

 

ちなみに、病院へレンタルWiFiをお届することも可能ではありますが、入院してからあわてて注文すると大変なので、事前注文して事前に受取って使ってみて、WiFi接続設定を済ませ、使用感をお試ししておいてくださいね。

里帰りや入院の際には、レンタルWiFiを持っていくのを忘れないよう、ご注意ください!

(筆者は、充電しながら使っていて、外出時に持っていくのをよく忘れます。)