wifiレンタルを2カ月利用したい!短期がおすすめの理由とは?

2020年06月09日

wifiレンタルを2カ月利用したい!短期がおすすめの理由とは?

wifiルーターのレンタルは、2カ月間などの比較的短期間に利用するのが向いているといわれています。しかし、短期間の使用は本当にお得なのか、わからないという人もいるのではないでしょうか。そこで、「wifiレンタルがなぜ短期間の利用に向いているのか」「通常料金と比較してお得なのか」を解説し、短期間のレンタルにおすすめのサービスをあわせて紹介していきます。

1.2カ月使うならwifiレンタルがおすすめの理由

もしも2カ月程度という短期間にwifiを利用したいなら、レンタルがとりわけおすすめです。通常の契約するタイプのルーターでは、長期間契約をすることと引き換えにひと月あたりの料金が割安になります。しかし、さまざまな事情により2カ月間だけ家を離れるなど、外でwifiを利用したいというケースがあるかもしれません。そのようなときに長期間の契約を結んでしまうと、解約するときに高額な違約金や手数料が発生するケースがあります。つまり、長期契約をして1カ月あたりの通信費用が安く済んだと思っても、違約金などを考えるとそれほどお得にはならないのです。

そこで、使い勝手が良いのがwifiレンタルです。こちらは、1日単位の契約ができるため、長期になるほど割安感があるサービスとなっています。はじめから2カ月などの短期間だけ使用するとわかっているような場合は、契約をして2カ月で解約するよりもwifiレンタルのサービスを利用するほうが結果的にお得です。格安SIMを購入する方法もありますが、これはSIMカードを入れるルーターを自分で準備する必要があるなど、手間がかかりがちです。頻繁にルーターを使用する予定があるのなら良いですが、そうでなければwifiレンタルを利用したほうが、手間もお金も節約できるでしょう。

2.2カ月の短期契約をするwifiレンタルのメリット

wifiレンタルを2カ月の短期間だけ利用するのに、どのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは、3つのメリットに絞って解説していきます。

2-1.手軽である

wifiレンタルのメリットとして、まず挙げられるのは手軽に利用できる点でしょう。モバイル式のものが多く持ち歩けるため、家のなかだけではなく外出時にも使用可能です。場所を選ばずに通信ができるということは、2カ月という短期間でも移動中などで便利に使えます。特に、移動中にパソコンやタブレットを利用したい人や、道中スマートフォンで動画を見ることが多い人にとっては使い勝手が良いでしょう。レンタルするwifiは、使い方も簡単でPCやスマートフォンにパスワードを記憶させれば、wifiルーターの電源を入れるだけでインターネットに接続できるようになります。

また、通常契約の通信速度とほとんど変わらず、対応エリアも同じなので、ネットを接続するにあたり問題やストレスがなく利用可能です。さらに、出張の間や海外から一時帰国をする間だけ、引っ越し後のインターネットが通じるまでの期間など、必要に応じて利用できる点もメリットといえます。最短で当日発送もできるので、ネット接続をしたいけれど契約するまでには至らないといったシーンがあるなら、wifiレンタルは大変便利なサービスとなっています。

2-2.お得である

料金がお得なことも、wifiレンタルのメリットです。1日~1年以内のレンタルなら、おおよその目安としてwifiレンタルのほうが通常の契約よりもお得になることが多くあります。レンタルでは、1日単位からの利用が可能なケースがほとんどです。ひと月など、ある程度まとまった日数になると、月額プランが使えるようになり、日割りにした場合にはさらにお得になることも珍しくありません。また、ポケットwifiを購入する場合と比較すると、年単位の料金や高額な違約金が発生しないのもメリットです。

契約がないので、もちろん解約のし忘れで年単位の契約を自動更新されてしまったといったこともありません。wifiレンタルでは、「あらかじめ何日間借りるか」を明記しておき、延長して借りる場合は追加料金が発生する仕組みが一般的です。wifiレンタルでは、ネット回線を引かずに済むので、工事の必要がありません。ルーターが届いたその日から使えて、素早くお得に利用できる上に、ルーターを返却した日までの料金しかかからないため、利便性とコストパフォーマンスに優れているといえるでしょう。

2-3.手続きが簡単

wifiレンタルは、基本的に手続きが簡単に行えます。ほとんどのwifiレンタルでは、同封のレターパックに入れてからポストに投函して返却することができます。わざわざショップに出向いて返却手続きなどをする必要がなく、時間がない場合には特に高い利便性を感じるでしょう。各サービス提供会社によるものの、利用最終日の翌日にポストへ投函しても、延滞料金を取られないことが多いです。つまり、利用最終日までしっかりインターネット接続ができるため、1時間も無駄にすることがないのです。

たとえば、「WiFiレンタルどっとこむ」の返却方法は2種類で、宅配返却と空港返却があります。返却にかかる手数料は、どちらの場合も自己負担になる点に注意しましょう。空港返却では、担当者に直接レンタルしたwifiルーターを手渡しますが、こちらでも煩雑な手続きなどはなく、飛行機の時間が迫っているとしても時間を取られることはありません。ただし、サンクスメールや身分証明書の提示などが求められることがあるので、あらかじめ用意しておく必要があります。

3.2カ月のwifiレンタルはWiMAXのサービスが向いている

2カ月など短期のwifiレンタルには、WiMAXがとりわけおすすめです。レンタル料金は、スマートフォンなどで使用されるLTE回線よりも安いプランが多く、お得にネット接続ができます。また、wifiの使用状況によってプランを選べる点もWiMAXの特徴です。こちらのwifiには、「ギガ放題プラン」と「7GBプラン」の2つがあります。WiMAXでは、月ごとにプランの変更が可能なので、無駄なくネットを楽しむことができるでしょう。特に、注意しておきたいのは動画視聴の時間が多い人です。動画を頻繁に再生するなら、WiMAXの制限なしのプランが向いています。

動画視聴では、データ通信量の消費が激しく1GBを消費するのは高画質(720p)ではおよそ1時間半、中画質(360p)ではおよそ3時間です。上記を参考に、ひと月あたり7GB以上使いそうなら、ギガ放題プランが適しています。加えて、インターネットを利用する旅行や出張などでも、それほど速度制限を気にしないで利用できる点もWiMAXの魅力です。こちらは、全国実人口カバーが1億人であり、実人口カバー率は全国主要都市では99%以上を実現しています。屋外基地局数も2万局あるため、大半の場所でネット接続に困ることはないでしょう。

4.2カ月のwifiレンタルに向いているWiMAXのサービスについて解説!

2カ月レンタルに向いているWiMAXをレンタルしているサービス会社はいくつもあります。ここでは、サービス会社の選び方やレンタルするうえで知っておきたいことを解説していきます。

4-1.サービス会社の選び方

2カ月間だけレンタルする場合、WiMAXのサービス会社の選び方としてポイントとなるのは、申し込みの手続きがインターネットで簡単にできるかです。ネットを介して行えるなら、海外からでも手続きできるでしょう。また、サービス会社を選ぶ際は、受け取りや返却が簡単かどうかについても、きちんと比較することが大切です。ショップで受け取りや返却をするところよりも、郵送可能なところのほうが利便性は高いといえます。

さらに、高速通信ができる新しい端末を使っているサービスを選ぶのもポイントです。WiMAXは、高い周波数を使用しているので場所によっては電波が届きにくい可能性があります。「WX03」は、高速回線であるLTE通信に対応していないので、これしか提供していないところは避け、ほかの端末も提供している会社を選ぶほうが良いでしょう。価格だけで決めるのではなく、端末ごとの特性を知ってから決めることで、より快適なインターネット通信を楽しめるようになります。

4-2.2カ月のwifiレンタルで知っておきたいことは?

WiMAXの2カ月など短期wifiレンタルでは、ヤマダ電機などの家電量販店で契約できません。契約するには、wifiレンタルを提供するサービス会社の公式ホームページから申し込みをする必要があります。また、wifiレンタルサービスを選ぶ場合は、WiMAXの最新機種を扱っていることを基準にすると良いでしょう。最新機種のほうが、使用するPCなどの端末と相性が良かったり、通信速度が高かったりすることがあります。さらに、実際にルーターをレンタルする前に試してみたい人には、契約するタイプのwifiルーターが無料でレンタルできるサービスもあるので利用してみましょう。

都市エリアでの使用であっても、建物内では電波の通りが悪く、使いづらいことがあるかもしれません。レンタルサービス会社では、レンタルしたwifiルーターが電波の関係で使えなかった場合でもキャンセルできないところが多いです。いきなり2カ月間借りるのに抵抗がある人は、こういったサービスを活用し、実際に使いたい場所で使用できるか試してみるのも良いでしょう。WiMAXをレンタルするなら、業界最大手の「WiFiレンタルどっとこむ」がおすすめです。こちらのレンタルサービス会社には無料お試し期間はないので、使えるかどうかを他社のサービスを利用して試してみるのも一つの方法です。

5.通常契約と2カ月のwifiレンタルの料金比較!

wifiレンタルには、短期の利用料金が安いという特徴があります。たとえば、通常契約の「UQ WiMAX」の2カ月の料金は、解約の違約金や初期手数料などを含めると1万6000円程度にもなります。しかし、「SoftBank E5383 無制限」を「WiFiレンタルどっとこむ」でレンタルすると、2カ月では1万2750円程度になり、UQ WiMAXを契約した場合の違約金よりも3250円程度安くなるのです。また、上記のwifiをレンタルすると、1カ月までは一律6480円で、それ以上の期間をレンタルすると1日209円になるため、日割りも利用できてお得。

2カ月の料金を比較すると、「SoftBank E5383 無制限」では1カ月目6480円+2カ月目6270円(30日計算)となり1万2750円です。上記の通常契約のものよりも、WiFiレンタルどっとこむでレンタルするほうが安いことがわかります。

6.2カ月のwifiレンタルにおすすめのサービスを紹介!

2カ月などの月契約といった短期のwifiレンタルでおすすめのサービス「WiFiレンタルどっとこむ」は、サービスにどのような特徴があるのでしょうか。

6-1.WiFiレンタルどっとこむ

WiFiレンタルどっとこむでは、取り扱っている機種が多く好きな端末を選べるのが特徴です。最新機種の「WX05」や「W06」もレンタルできるので、最新のスマートフォンなどにも対応しています。そのような最新機種には、通信速度に関する不安が少なくて済み、ストレスなくネット接続ができるでしょう。加えて、最新機種の場合も1日からレンタル可能で、月額料金は6480円と比較的割高です。こちらは、速度や容量などルーターの性能を重視するなら利用したいサービスといえるでしょう。費用を低く抑えたければ旧機種にしたり、月の通信容量に制限があるものを選んだりするのがポイントです。

もしもサイトの閲覧とメールが中心で、大容量の通信が不要な場合は、5GBの容量で月額料金2730円の機種もあります。利用頻度や利用目的などをよく考え、適切な機種を選ぶことが大切です。

6-2.メリット

WiFiレンタルどっとこむで、2カ月などの短期間利用することのメリットに、購入する場合とは異なり途中解約しても違約金が発生しない点が挙げられます。定額の1カ月以降は割安な1日単位の利用料金になるため、2カ月の利用ではむしろ料金がお得です。機種によっては、国内と海外の両方で使うことができるので、2カ月などの海外出張の際にも使えます。海外で使用する場合、日本で使ったルーター料金に海外で使用した日数分の料金のみ加算されるので、コストパフォーマンスが高いのが魅力です。1台のwifiルーターを国内・国外の両方で使うことができるので、滞在する国によって機種を替える手間がかからないのもメリットとなっています。

7.選び方のポイント

さまざまなwifiレンタルサービスがありますが、料金のみを基準にすると使い勝手が良くないことがあるので注意が必要です。利用を2カ月という期間に絞ってから、自分にあった容量や速度、サービスなどを選ぶことが大切です。扱っている機種が豊富なレンタル会社のほうが、目的にあったプランが見つかりやすいので、大手を中心に探すと選択肢が広がります。また、滞在するエリアによっては、電波が届きにくかったり届かなかったりすることがあります。滞在先のエリアをきちんとカバーしているかは、ルーターを提供している通信会社のホームページできちんと確認しておきましょう。

wifiレンタルを2カ月利用するならお得なプランを選ぼう!

wifiレンタルを2カ月利用するなら、短期向けのお得なプランを提供しているレンタルサービス会社を選びましょう。2カ月という、まとまった期間を借りることで、お得になるプランを提供しているところもあります。WiFiレンタルどっとこむは、2カ月の短期間にも向いているレンタルサービス会社なのでおすすめです。自分の利用目的などにあったルーターを見つけていきましょう。