wifiレンタルを1週間使うときの選び方やおすすめのサービスを紹介!

2019年10月23日

wifiレンタルを1週間使うときの選び方やおすすめのサービスを紹介!

wifiレンタルの検討をしているなら、「どのような点が便利なのか」「どのよう場合に使うと良いのか」は、最低限押さえておきたいことです。今回は、wifiレンタルを1週間申し込むケースにおいて、選ぶときのポイントやメリット、活用方法、注意点、おすすめのプランなど、wifiレンタルについてさまざまな方向から解説していきます。

1.1週間のポケットwifiレンタルが便利な理由

地方に旅行をする場合、都市部と比較してフリーwifiの設備が整っているところが少ないため、ネットがつながらなくて困ることがあります。特に、旅行中はお店や観光スポット、地図などの情報を閲覧したり交通機関や宿泊施設の空き状況を検索、予約したりとネットを活用したいシーンが多い傾向です。そんなときに、ポケットwifiを持っていれば電波の弱い地域でもストレスなくネットにアクセスできます。また、ポケットwifiはスマホだけでなくノートパソコンに接続して使えるため、国内の短期出張に行く際にも便利です。移動中でもインターネットに接続できるため、ビジネスシーンでの利用価値は大きいといえるでしょう。

さらに、海外在住の人が現地のスマホを契約しているとき、キャリアの電波が日本と異なるため、日本へ一時帰国した際にネットに接続できない場合があります。データローミングを使う方法もありますが、従量制課金であるため高額の通信料金を請求されることがないとはいえません。しかし、ポケットwifiをレンタルすれば、通信料金を気にせずにネット利用をすることができます。ポケットwifiは、1日からレンタルすることができ、初期手数料や解約時の違約金なども必要ないため、1週間の利用なら通常のwifi契約と比べて圧倒的に安いです。

2.1週間のwifiレンタルを使うのはどんなとき?

引っ越しをする場合、光回線を利用するなら工事をしてもらわなければなりません。引っ越しをした日に工事が完了していれば良いですが、工事は後日になってしまう場合もあるでしょう。そこで、工事が完了するまでの間にwifiレンタルを利用すれば、ネットが使えない不自由さを味わうことがありません。また、予期せぬケガや病気で入院することになった場合も、レンタルwifiを利用すればネットに接続できるため、退屈な時間を持て余すこともなくなります。

ビジネスのシーンにおいては、セミナーやイベントを開催する際にwifiレンタルをしておけば、情報をクラウド管理したりSNSにリアルタイムで更新を行ったりすることも可能です。ルーター1台につき約10台の端末を接続できるため、スタッフ間での情報共有もできます。数日間の使用のために、ネット回線を契約するのは費用や手間がかかりますが、wifiレンタルなら必要に応じて借りられて、ネット環境も安定していることが魅力です。

3.wifiを1週間レンタルするときの選び方は?

ここからは、wifiを1週間レンタルする場合にどのような観点で選べば良いかについて解説します。

3-1.通信速度

スマホでさまざまなサービスを利用する際に最も容量を使うのが動画の視聴です。動画をストレスなく楽しむためには、5Mbpsの通信速度が必要だとされています。wifiレンタルのほとんどのプランは、5Mbpsの基準をクリアしていますが、通信制限がかかると2Mbps程度に落ちてしまう場合があるため注意が必要です。レンタルwifiを利用する際、通信制限にかからないようにするためには、自分の利用目的に沿ったプランを選ぶことが必要です。1週間という区切りの中で、自分がどのようなシーンや目的でwifiを使うのかを考慮したうえでプランを選びましょう。

3-2.容量

1週間の利用であれば、一般的にはたくさんのデータ容量を必要としませんが、動画や音楽の視聴をする予定の場合、思っているよりも容量を使う可能性があります。動画や音楽の視聴が多くなりそうなら、7GB以上のプランを選んでおいた方が安心でしょう。7GBの容量なら、音楽は1750曲、動画は約30時間、サイト閲覧は2万5000ページ利用できます。旅行の際にwifiレンタルを利用する場合は、動画の視聴以外にも観光スポットやレストラン探しなど、さまざまな目的でスマホを利用するため、使う通信量も多くなりがちです。

さらに、1台のレンタルwifiを複数の端末に接続して使う場合は、その分容量も多く使ってしまいます。通信量が多くなることが予想される場合は、データ通信無制限のプランを選んでおくのも一つの方法です。

3-3.料金

wifiレンタルをする際には、利用料金以外に端末を受け取ったり、返却したりするときの送料など手数料がかかります。基本料金が安いからと飛びついても、手数料を加算すると意外に高くなってしまうケースは少なくありません。手数料は、レンタルwifi提供会社やブランドによって異なるため、手数料も含めて実際に支払う料金を比較して選ぶことがポイントです。特に、短期でレンタルする場合は、支払い総額に対する手数料の金額が高くなる傾向があるため、注意が必要になります。1週間という期間における料金を比較して、最も安いプランを選びましょう。

また、オプションとしてモバイルバッテリーのレンタルを行っている会社もあります。モバイルバッテリーがあれば、手持ちのスマホの充電なども可能になるため、1週間の旅行などで使うには便利です。モバイルバッテリーなどのオプションを付ける場合は、オプションも含めた料金の比較をしていきましょう。

4.1週間wifiレンタルを利用するメリット!

wifiレンタルは、レンタル会社のホームページにアクセスして必要事項を入力するだけで手軽に申し込みが可能です。最短で翌日に届くなど待ち時間も少なく、スピーディに対応してもらえます。使用するときは、説明書を見ながらルーターの電源を入れて端末にパスワードを入れるだけです。非常に簡単なため、ネット初心者でも安心して利用できるでしょう。当然ながら、長期契約のときのような回線工事も必要ありません。

長期契約をする場合は、毎月の固定費用が必要ですが、wifiレンタルなら必要なときだけ借りることができ固定費用も必要ないため、費用を抑えられ無駄がないでしょう。また、wifiレンタルをしておけば、外出時の利便性も高まります。wifiレンタルをしていなければ外出したときに、フリーwifiスポットを探さなければなりません。フリーwifiスポットを見つけたとしても、店舗や場所、時間帯によっては速度が遅い場合があり、ストレスを感じがちです。しかし、レンタルwifiがあればどこでも快適にインターネットに接続できるため、そのようなストレスも感じなくて済みます。

5.1週間のwifiレンタルを活用する方法

wifiレンタルの申し込みはインターネット上で行うことができます。必要事項として利用期間や受け取り方、クレジットカードの情報などを入力するだけのため簡単です。指定場所での受取後は、電源を入れてパスワードを入力すればすぐに使うことができます。ルーターは、充電した状態で送られてくるため、使用前に充電する必要もありません。wifiレンタルのルーターは、1度に複数台の端末のネット接続が可能です。一般的には、10台ほどの接続が可能なため、家族や一緒に旅行する友人などと共有することができます。レンタルwifiがあれば、屋内外や移動中など、場所やシーンを問わずに高速ネット接続が可能です。

そのため、旅行中に電車や車の中で次の目的地の情報を調べることもスムーズに行えます。レンタルwifiは、「1日単位でレンタルできて日数や期間の縛りがない」という自由度の高さが魅力です。利用したい日数が1週間に満たなくても自分の都合に合わせてレンタルすることができるでしょう。

6.wifiレンタルの注意点

wifiレンタルを利用する際に、当初の契約で決めていた期間を過ぎても返却されない場合、ペナルティとして延滞料金が1日ごとに加算されるレンタル会社もあります。無断で延滞してしまうと、通常の料金よりも延滞料金のほうが高額になってしまう場合もあるため、注意が必要です。延滞料金については、レンタル会社のウェブサイトに注意事項として記載されているため、借りる前にしっかりと確認しておきましょう。もし予定が変更になって延長して借りたい場合は、電話連絡を入れると追加料金として延長した日数分の料金が加算されます。延滞料金と延長料金では料金が大きく異なるため、予定よりも長くレンタルする必要が生じた場合は、契約終了の日までにレンタル会社に必ず連絡を入れましょう。

ただし、延長する際の事前連絡不要な、自動延長システムを導入しているレンタル会社もあります。引っ越しのインターネット工事完了日が確定していなかったり、予期せぬ入院で長引く可能性があったりと、利用期間が明確でない場合には、レンタルwifiの自動延長システムを設けている会社でレンタルするのも手です。

wifiレンタルをする際には、目的に応じて容量を変えることが必要です。動画の視聴やskypeを用いた会議などで利用する予定がある場合に通信制限がかかってしまうと、思うように利用できない可能性があります。1週間無制限プランと銘打っていても、実際は通信量や使用できる日数に制限があるプランが多いため、レンタルする機種を決める前によく調べることが必要です。逆に、完全無制限プランもあるため、たくさん使う予定がある人はそうしたプランを選ぶと安心できるでしょう。

7.1週間のwifiレンタルでおすすめは?

ここからは、1週間のwifiレンタルを考えている人向けのおすすめのサービスやプランについて紹介します。

7-1.WiFiレンタルどっとこむ

「WiFiレンタルどっとこむ」は、wifiレンタルの業界で最大手なため安心感があり利用者数も多い業者です。ルーターは、日時を指定して宅配もしくは空港で受け取ることができます。宅配は自宅だけでなく、病院やホテル、イベント会場などにも可能です。このほか、コンビニ受取にも対応しているため、忙しい人でも自分の都合に合わせて受け取ることができるでしょう。返却時は宅配、空港返却、ポスト投函から選べて便利です。平日13時までに申し込めば、原則として当日に出荷、北海道や沖縄、離島などを除けば翌日に受け取れます。他社と比較してプランの数も多く、容量や料金は機種ごとに多様性があるのも特徴の一つです。

それだけに自分の利用目的や利用シーンに合ったプランを選ぶことがポイントとなります。プランを選ぶ際には、利用するエリアに対応した機種を選ぶことも大切です。また、料金の安さだけで選んでしまうと、通信容量の小さい古めの機種を利用することになる場合も少なくありません。料金も気になるところですが、利用したいシーンで快適に利用できる機種やプランを選ぶ必要があります。また、WiFiレンタルどっとこむでオプションとして提供しているモバイルバッテリーは、旅行や出張で出かける人に評判が良いです。wifiレンタルは、予定に合わせて1日単位で行うことができるため、1日だけレンタルしたい場合は配送と返送を同じ日に行うことができ、無駄がありません。

7-2.1週間でおすすめのプラン

WiFiレンタルどっとこむが展開しているおすすめの1週間のプランを2種類紹介します。

7-2-1.Softbank 601HW

Softbank 601HWは、最大通信速度が612Mbpsで高速通信ができるため、ゲームなどをしたい人にも向いています。プラン名は無制限と書かれていますが、実際は1日に1GBの制限があるため、完全な無制限ではなく注意が必要です。1GBを越えると低速になってしまい、メッセージは容量が少ないもの以外の送信が難しくなります。制限は、翌日の0時にリセットされるため、またそこから1GBまで利用することが可能です。1GBの目安としては、高画質の動画を約2時間見ることができます。そのため、1日2時間以上動画を見る予定でなければ、このプランはおすすめです。

レンタル料金は、2019年9月現在で1日なら378円となり、14日間まではその料金が日数分加算された金額になります。1週間、6泊7日レンタルした場合の利用料金は2646円です。容量制限はあるものの、高速通信できることを重要視している人に向いているプランでしょう。

7-2-2.Softbank 501HW 無制限

Softbank 501HW 無制限は、下り通信速度が最大187.5MbpsであるためSoftbank 601HWと比較すると通信速度は遅くなります。しかし、無制限で利用できることがメリットです。ただし、無制限にも一定の基準があり、1日に10GBを越えない範囲という条件がついています。その範囲を超えると、混雑解消のために通信が制限される可能性があることに注意が必要です。ただし、一般的な使用をしている場合はこの枠は超えないため、それほど心配する必要はありません。

このプランであれば、1日に映画を2本以上続けて見たい人や、旅行などに行く際やビジネスの場において複数人数で使いたい人も安心して使うことができます。この機種には、屋外で使えるテレビチューナーがついているのが特徴です。レンタル料金は、2019年9月現在で1日なら432円となり、14日間まではその料金が日数分加算されます。1週間、6泊7日でレンタルした場合の利用料金は3024円です。

1週間のwifiレンタルを使いこなそう!料金や容量をチェック

旅行や出張、入院などで1週間のwifiレンタルを利用することを検討しているなら、自分の目的に合わせた容量や通信速度に対応している機種を選ぶことがポイントです。料金の安さだけでなく、目的に応じてストレスなく使える機種を選ぶことがポイントとなります。「WiFiレンタルどっとこむ」は、1週間の短期レンタル向けの多彩なプランが用意されていることが魅力なため、一度利用してみてはいかがでしょうか。