WiFiルーターをレンタルするメリット・注意点を徹底解説!

2020年05月11日

WiFiルーターをレンタルするメリット・注意点を徹底解説!

Wi-Fiルーターを使用する際には、回線契約をしなければいけないと思っている人も多いでしょう。しかし、Wi-Fiは回線契約しなくてもレンタルで利用することが可能です。Wi-Fiルーターを短期間使いたい場合には、レンタルも選択肢の一つになります。この記事では、Wi-Fiルーターをレンタルするメリットや注意点などについて詳しく解説していきます。

1.WiFiルーターをレンタルするメリット

Wi-Fiルーターをレンタルするメリットには、どのようなことがあるのでしょうか。ここでは、5つのメリットについて詳しく紹介します。

1-1.料金は定額になる

Wi-Fiルーターをレンタルするメリットとして、まず挙げられるのが、料金が定額になることです。回線契約する場合には、1年目だけ安くなっていたり、3年が過ぎると料金が高くなったりと、料金が変動することがあります。一方、レンタルでは利用日数を事前に決めて利用が可能です。料金は、基本的には定額であるため、後から料金が高くなるといったことがなく安心して使うことができます。Wi-Fiをレンタルする際にかかる総額が把握しやすいので、端末やWi-Fiレンタルサービスを予算に応じて選ぶことも可能です。

また、予定が変わって事前に決めた利用日数よりも長くレンタルしたい場合もあるでしょう。その際には、追加料金を支払えば延長することもできます。

1-2.セキュリティー面でも安心して使える

セキュリティー面での安心感が高いことも、Wi-Fiレンタルのメリットです。駅や新幹線内、カフェなどでは無料で利用できるフリーWi-Fiが整備されていることも多くあります。そのため、「外で使うのならフリーWi-Fiで十分」と考えている人も多いのではないでしょうか。しかし、無料Wi-Fiは不特定多数の人が利用するため、どうしてもセキュリティー面でのリスクが伴うのです。安全でないフリーWi-Fiに接続してしまうと、通信内容が見られてしまう可能性もありますし、個人情報が流出してしまう危険性もあります。

Wi-Fiルーターなら、それぞれの機器に記載されているパスワードを利用してインターネットに接続します。Wi-Fi本体に記載されているパスワードが必要なため、不特定多数の人に利用される心配もなく、通信内容をのぞき見られる危険性も低いのです。セキュリティー面がしっかりしているので、どこでも安心して利用することができます。

1-3.工事不要ですぐに使える

Wi-Fiレンタルなら、工事不要ですぐに使うことが可能です。固定回線などを初めて利用する際には、回線を開通するために工事をする必要があります。工事が必要になる場合には、工事費も発生するため多くの費用がかかってしまうでしょう。また、工事もすぐにしてもらえるわけではありません。契約する会社と自分の都合をすり合わせて日程を決める必要があります。忙しい時期なら1カ月程度かかってしまう可能性もあり、Wi-Fiを利用するために多くの時間がかかってしまうのです。

しかし、Wi-Fiルーターレンタルでは回線を開通するための工事が必要ありません。そのため、Wi-Fiルーターの本体が届いてからパスワードを入力するだけです。届いたらすぐにでも利用できるため、非常に手軽かつ短期間だけWi-Fiを利用したいと思っている人にとっては向いています。

1-4.複数接続ができる

Wi-Fiルーターは、複数接続できるというメリットがあります。Wi-Fiルーターを1台だけレンタルしたとしても、パスワードを共有すれば家族全員で利用することができるのです。そのため、家族旅行をしたり友人と出かけたりする際でも全員でWi-Fiを使うことができるので、非常に便利で快適なインターネットライフを送れるでしょう。また、スマホやパソコン、タブレットにゲームと、さまざまな機器で接続できるので「外で仕事をしたい」「ゲームをしながらスマホで調べ物をしたい」という人でも安心して使えます。

1-5.通信速度が安定している

通信速度が安定していることも、大きなメリットになります。フリーWi-Fiだと、どうしても接続が不安定になったり速度が遅くなったりして使いにくいことも少なくありません。多数の人が同時に接続すればその分速度は低下します。また、そもそもWi-Fiにつながらないことも珍しくないため、接続できずにイライラしてしまうことも多いでしょう。しかし、Wi-Fiルーターをレンタルしている場合には、安定した通信を実現できます。Wi-Fiルーターも複数人で接続できますが、フリーWi-Fiのように多くの人が接続するわけではありません。

そのため、快適な速度でインターネットを利用できます。Wi-Fiルーターの対応範囲内なら、安定した通信速度でインターネットに接続できるので、ストレスなく利用できるでしょう。

2.WiFiルーターをレンタルする注意点

メリットの多いWi-Fiルーターのレンタルですが、気をつけてほしい点もいくつかあります。レンタルする際の注意点を詳しく見ていきましょう。

2-1.返却が必要になる

Wi-Fiルーターは、レンタル期間が終了した後に、端末を返却しなければいけません。レンタル品なので当たり前なのですが、自分自身で返却の手続きを行わなければいけないので、手間がかかってしまいます。返却方法としては、空港カウンターへの返却や宅配での返却などさまざまな方法があります。空港で返却する場合には、カウンターがわかりにくい場所にあるケースも少なくありません。そのため、返却カウンターを探すために時間がかかってしまうこともあるでしょう。

旅行や出張から疲れて帰ってきて、さらにWi-Fiルーターを返却するために時間をかけなければいけないのは気になるポイントです。空港で返却するのなら、あらかじめ返却場所を確認しておくように注意しましょう。

2-2.レンタル料以外の料金も発生する

Wi-Fiルーターを利用するための料金は定額ですが、レンタル料以外の料金が発生することもあります。たとえば、宅配でWi-Fiルーターを受け取ったり、返却したりする場合です。この場合には、送料が別途で必要になります。また、オプションを利用する場合にも、別途で費用がかかることは注意してほしい点です。外出先で充電が切れたときのために充電器などをレンタルする人も多く、その場合には充電器のレンタル費用を支払わなければいけません。

レンタル料以外にも費用が発生するケースがあることを、しっかりと覚えておくといいでしょう。Wi-Fiの端末料金だけではなく、オプションなどを含めたトータルの料金で比較することが大切です。

2-3.破損した場合修理費用がかかる

不慮の事故によって、Wi-Fiルーターを破損してしまうこともあるでしょう。その場合には、修理費用を支払う必要があります。修理費は、ルーターの種類やレンタル会社によっても違いますが、数万円程度かかることが多いです。破損してしまうと大きな出費になるので、丁寧に取り扱うことが大切です。また、オプションとして補償制度に加入するのもいいでしょう。事前に補償制度に加入しておくことで、破損したとしても修理費が免除されます。追加で料金はかかりますが、万が一のときのために入っておくと安心です。

2-4.契約するより月々の支払いが高い傾向がある

手軽に使えるWi-Fiルーターのレンタルですが、契約するよりも月々の支払いは高くなる傾向にあります。たとえば、契約した場合の料金相場は月2000~4000円程度になりますが、レンタルの場合には端末やプランによっては月に6000円程度かかってしまうこともあるのです。最大で月に4000円程度の差が出るのは大きいでしょう。そのため、半年や1年といった長期でのレンタルを考えているのなら、安い端末を利用することが重要です。

また、2~3年以上の長期利用なら回線を契約したほうがお得になります。ただし、基本的に回線の契約期間は2~3年で途中解約の際には契約解除料がかかることが一般的です。確実に2~3年利用するのならいいのですが、1年程度ならレンタルしたほうがお得です。利用期間自応じて「契約するか」「レンタルするか」を選択するといいでしょう。

3.WiFiルーターをレンタルするときの基本的な流れ

Wi-Fiルーターをレンタルする場合には、まずWi-Fiレンタルサービスのホームページから申し込みをします。さまざまなレンタルサービスがありますので、自分に合ったものを探して申し込みをしましょう。申込んだら、宅配便や空港カウンターでレンタルWiFiを受け取り、パスワード設定を行い利用開始します。事前に申請した利用期間が終わったら、指定の方法で端末を返却して完了です。

4.WiFiレンタルサービスを選ぶときのポイント

Wi-Fiルーターをレンタルしたいけれども、どのようにレンタルサービスを選べばいいかわからない人も多いでしょう。Wi-Fiレンタルサービスを選ぶときのポイントについて、紹介していきます。

4-1.国内と海外の対応状況はどうか

Wi-Fiルーターをレンタルしたいけれども、どのようにレンタルサービスを選べばいいかわからない人も多いでしょう。Wi-Fiレンタルサービスを選ぶときのポイントについて、紹介していきます。Wi-Fiレンタルサービスの中には、海外で利用できるWi-Fiルーターだけを取り扱っているところもあります。そのため、自分がどのような場面でWi-Fiルーターを利用したいのか、目的を明確にしましょう。海外旅行の間だけ利用したいのなら、国内対応していないWi-Fiルーターを選んでも構いません。

しかし、国内と海外どちらでも利用したいのであれば、海外対応だけのWi-Fiルーターでは意味がありません。国内にも同時対応している端末を取り扱っているサービスであれば、日本でも海外でも問題なく利用できるので安心です。

4-2.料金体系はわかりやすいか

Wi-Fiルーターをレンタルするうえで、料金は重要なポイントです。そのため、料金体系がわかりやすいかどうかは、重要な判断基準になるでしょう。料金体系が複雑だと、利用にかかる料金を把握しにくくなります。そのようなことを避けるために、わかりやすい料金体系のサービスを選んだほうが安心です。たとえば、「1日500円」「1カ月5000円」というように、利用日数に応じてわかりやすく料金を提示しているかどうかを、しっかりとチェックします。

4-3.サポート体制が充実しているか

サポート体制についても、きちんと確認しておくといいでしょう。Wi-Fiルーターをレンタルしていれば、思わぬトラブルに見舞われることもあります。端末を破損してしまったなどの問題が起こった際に、補償サービスが充実しているかどうかは重要なポイントです。「そもそもサポートするための体制が整っているのか」「補償制度などのオプションがあるのか」など、事前にホームページなどでチェックしておきましょう。補償制度がないと、破損の際に多額の修理費を請求されてしまう可能性もあります。

5.レンタルサービスは「WiFiレンタルどっとこむ」がおすすめな理由

Wi-Fiルーターをレンタルしたいのなら、「WiFiレンタルどっとこむ」を利用するといいでしょう。WiFiレンタルどっとこむのおすすめポイントについて、いくつか紹介していきます。

5-1.実績がある

まずは、なんといっても実績があることでしょう。Wi-Fiをレンタルするにあたって、今までの利用者数や口コミなどは重要なポイントです。利用者数が多いということは、それだけ選ばれているということですから安心感が高いでしょう。WiFiレンタルどっとこむは、国内のWi-Fiレンタルサービスでは、No.1の実績を誇っています。ビジョングループ全体での利用者数は1200万人以上と、多くの人が利用しているサービスなのです。実績があり信頼感も高いので、安心して利用することができます。

5-2.コンビニ受取も可能

WiFiレンタルどっとこむは、受取方法の幅が広いことも魅力です。通常のWi-Fiレンタルでは、空港受取や宅配受取が主流ですが、WiFiレンタルどっとこむでは、コンビニ受取もできます。「仕事で忙しくて自宅で受け取ることが難しい」「空港で受け取る時間がない」という人も少なくありません。その際に、コンビニで商品の受け取りができれば、気軽に利用することができます。職場近くのコンビニで受け取ることもできるので、仕事が忙しい人にとってはメリットが大きいでしょう。

5-3.端末を豊富に用意している

WiFiレンタルどっとこむでは、端末を豊富に用意しているため、自分に合ったものを選ぶことができます。docomoやSoftbank、au以外にもWiMAXなどの端末も用意しているので、選択肢の幅が広いのは大きなメリットです。また、比較的新しい端末も用意しています。古い型の端末よりも、新しい型の端末のほうが機能としては改善していたり向上していたりするので、新しいものを使いたい人にも向いています。たとえば、WiMAXであれば「WiMAX W06」や「WiMAX W05」などを用意しているので、新機種を使いたい人でも満足できるでしょう。

WiFiルーターをレンタルしてネットを利用しよう!

Wi-Fiルーターをレンタルするメリットは、料金が定額になるため「レンタル費用の総額が把握しやすい」「複数接続できるため家族や友人と使いやすい」など、さまざまです。短期間の利用の場合は向いているので、海外旅行や出張などの際にも便利に使うことができます。WiFiレンタルどっとこむでは、豊富に商品を用意しているので、ぜひ申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。